オルタナティブ・ブログ > NetStats >

ネットがライフラインとなっているビジネスパーソンのために、旬のネットサービス、イケているInsurTechテクノロジーからブロックチェーンまで、インターネットの最新のトレンドとネット活用術を書き綴ります。

梅雨時期でも涼しい、体感温度が3℃下がるスーパーアンブレラ

»

沖縄地方は早くも梅雨明けをしたらしいですが、今年の関東地方は例年よりも早い梅雨入りで未だ梅雨まっただ中です。

どんなに汗をかかないように気をつけても、この時期のジメジメにはそう簡単には勝てません。特に朝の満員電車ではタオルハンカチが手放せません。加えて仕事でも汗をかかず客先に行くのは一苦労です。

そんな汗かきなひとを梅雨時期から救うのが、ファンブレラ(Fanbrella)。Fan-Anbrella、つまり扇風機付き傘です。

Fanbrella.png

これは、傘の内部にファンが取り付けてあって、柄の部分に電池とオン/オフスイッチを取り付けた製品。ファンの回転はボタンで操作でき、単三電池3本で駆動し、バッテリー持続時間は2〜3時間。頭上直上にファンがあるため、少ないエネルギーで、首元を涼しい風で冷やすことができ体感温度はマイナス3℃になるそうです。

発売元によると、不快指数を軽減するには「高温多湿下において、いかに汗が蒸発する際の気化熱を効率よく行うかという点が重要。しかし、雨で傘を差した状況など湿度が高い状況では、風をふさぎ、汗の蒸発が阻害されてしまいます。そこで、この扇風機付き傘のファンブレラが絶大な力を発揮するのです。」とのこと。

梅雨時期の通勤・通学で威力を発揮してくれるかしれませんね。残念ながらこの程度のファンのパワーでは空は飛べないようです。

ファンブレラ(Fanbrella)

後藤康成(ごとう やすなり)
フィードパス株式会社 CTO 兼 feedpath Calendar 事業統括

シリコンバレー・ベンチャーを経て2000年ネットエイジ入社。ネットビジネスのインキュベーション案件およびテクノロジー投資案件などを担当。技術開発担当取締役、ngi group 執行役CTOを歴任しビジネス&テクノロジーと幅広い経験を持つ。2005年クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパスを設立する。ブログエンジン、Zimbraの日本市場展開。現在ビジネススケジューラーのfeedpath Calendar事業統括を担当。 著書として「Web2.0 BOOK」など。自身のブログはBlogot Twitterアカウントは feedpath

[PR]スマートフォーンで利用できるグループカレンダー
iPhone/Androidで利用できるクラウド型グループカレンダー「feedpath Calendar」を利用しませんか? 月額利用料がなんと200円/アカウントから! >>詳しくはこちら

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する