オルタナティブ・ブログ > NetStats >

ネットがライフラインとなっているビジネスパーソンのために、旬のネットサービス、イケているInsurTechテクノロジーからブロックチェーンまで、インターネットの最新のトレンドとネット活用術を書き綴ります。

ヘルメットに刻み込まれた世界から日本への思い

»

20110326-trulli.jpg昨日の25日(金)オーストラリア・メルボルンのアルバートパーク・サーキットでF1 GP 2011 Round1のフリー走行がスタートしました。 F1はCS放送のフジテレビNEXTでLive中継されています。

今シーズンの開幕戦でもあることから、多くのファンは新しいマシンのパフォーマンスに注目していたことでしょう。僕もその一人でした。

しかしそこに飛び込んできた映像は、今回の震災での日本に対しての思いでした。それはF!ドライバーだけではなく、F1チーム関係者全員から伝わってきたのです。

ドライバーはヘルメットに "Pray for Japan" を刻み、マシンへも日本へのメッセージが刻み込まれています。ほとんどのチームが Pray for Japan の文字と日本の国旗がみられました。(写真はヤルノ・トゥルーリ選手のヘルメット - F1-Gate.com

彼らのメッセージは震災に見舞われた方々に届いて欲しいという思いと同時に、国際映像として全世界に放送されメッセージが伝わることになります。全世界のF1ファンが彼らのメッセージを受け止めて日本の震災に何らかの思いを抱くことになるでしょう。

この情報は国際映像だけではなく、ソーシャルメディアを通じて伝搬しておりネットワーク効果を発揮しているようです。これまでF1に興味を持たなかった層にも届いています。日本におけるF1ファンは年々減少してきています。毎年鈴鹿サーキットで開催されてきている日本グランプリも2013年以降は開催されるかも危ぶまれている状況の中で今回のF1関係者の思いから、F1を楽しめるえファンも増えてくれことを期待しています。

地上波でもフジテレビ系列にて放送されます。予選の映像は26日(土)26:10から、決勝は27日(日)23:50から放送されます。彼らのメッセージをその目で確認してみてはいかがでしょう。

F1通信:F1マシンとヘルメットに日本応援ステッカー
F1-Gate:ヤルノ・トゥルーリ 「がんばれ、日本。がんばれ、東北!」

後藤康成(ごとう やすなり)
フィードパス株式会社 CTO 兼 feedpath Calendar 事業統括

シリコンバレー・ベンチャーを経て2000年ネットエイジ入社。ネットビジネスのインキュベーション案件およびテクノロジー投資案件などを担当。技術開発担当取締役、ngi group 執行役CTOを歴任しビジネス&テクノロジーと幅広い経験を持つ。2005年クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパスを設立する。ブログエンジン、Zimbraの日本市場展開。現在ビジネススケジューラーのfeedpath Calendar事業統括を担当。 著書として「Web2.0 BOOK」など。自身のブログはBlogot Twitterアカウントは feedpath

[PR]スマートフォーンで利用できるグループカレンダー
iPhone/Androidで利用できるクラウド型グループカレンダー「feedpath Calendar」を利用しませんか? 月額利用料がなんと200円/アカウントから! >>詳しくはこちら

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する