オルタナティブ・ブログ > 教えること、教えられること >

教育のこと、会社組織のことなどを日常の出来事から考えていきたいと思います

偉大な高校野球

»

今年は久しぶりに高校野球に見入っている。きっかけは神奈川代表の監督が知り合いのため、球児にも親近感がわいて個人的に応援したい気持ちになったから。肝心の横浜隼人高校は昨日2回戦で花巻東高校に敗退してしまった。

最近の日本のスポーツ選手は個人戦で頭角を現すことが多いようだ。10数年前までは、バレーボールをはじめとする団体競技が今よりは盛んであったように思う。当時、「ヨーロッパの個人主義各国では、オリンピックなどで団体戦を戦えない。日本のような調和が得意ではないからだ」などといった話を聞きさえした。だが今はどうだろう?フィギュアスケート、ゴルフ、水泳といったように、花形競技はほとんどが個人戦である。

そんな中、野球は日本からメジャーリーガーを輩出するほどに盛んなスポーツだ。ただ、プロ野球は個人の技能が光る要素もあり、あまり団体戦という感じがしない。その点高校野球は、チームが一丸となって、お互いに励ましあい、好プレーが出るとチーム全員で喜びを分かち合うという、団体競技の醍醐味を味わわせてくれる。甲子園は偉大だ。多感で様々な誘惑の多い高校生が、甲子園に行くために血のにじむような練習を毎日重ねるのである。高校野球に甲子園という大きな目標があってよかったと思う。あこがれの場でプレーできたことは結果のよしあしに関らず、それぞれにとって大きな経験となるだろう。

みんながんばれ!

応援しているそのときだけは自分も高校生にかえった気がする(無理があるか・・)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する