オルタナティブ・ブログ > 「ベンチャースピリット」 X 「セレンディピティ」 >

シリコンバレー駐在のIT商社マン、榎本瑞樹(ENO)が綴る米国最新ICTトレンド

緑のものをつけて祝う日

»

今日3月17日はアイルランドの祝日、セント・パトリックデー(St.Patrick's Day)です。キリスト教布教に活躍した聖人パトリックの命日にちなんでいます。

彼がキリスト教を説くのに用いたシャムロック(三つ葉のクローバー)は、今でもアイルランド人のシンボルであり国花でもあります。そんなことから緑色のものを身につけて祝う日で「Green Day」とも呼ばれているんですね。

東海岸に位置するボストンは、アイルランド系移民が多いためか結構盛大に行われます。一週間も前からスーパーやレストランでは緑のオブジェや壁紙が貼られていました。最初はボストンを拠点とするNBAのセルティックスの応援かななんて思っていたのですが、この日のためだったのですね。(そういえば、セルティックスのシンボルは三つ葉ではなく四つ葉でしたね。)

近所のイタリアンレストランでは、「緑の服」を着た定員さんに「緑のビール」を飲みながら「赤い靴下」がシンボルなのに今日は「緑のユニフォーム」のレッドソックスの試合を見ているという異様な光景に包まれていました。

それから、私は知らなかったのですが、日本でもアイリッシュ・ネットワーク・ジャパン(INJ)という団体が主催で毎年表参道でパレードをしてるんですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する