オルタナティブ・ブログ > 「ベンチャースピリット」 X 「セレンディピティ」 >

シリコンバレー駐在のIT商社マン、榎本瑞樹(ENO)が綴る米国最新ICTトレンド

「はっきり見えた雲の中!米国クラウド最前線」の動画をアップ!

»

もう1ヶ月以上も前のイベントで恐縮ですが、前回のエントリーで紹介した「Interop Tokyo 2010」の日商エレクトロニクス・ブースでのステージ・プレゼン動画をアップしてみました。

2年振りのInteropステージで緊張してしまいましたが、久しぶりの方々にお会いできて嬉しかったです。当社ブースに足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました!

「はっきり見えた雲の中!米国クラウド最前線」

<前編>(8:54)

  • シリコンバレーのベンチャー投資動向
  • Interop Las Vegasでのホット・トピックス
  • 実践的なステージを迎える米国クラウド業界

<中編>(9:59)

  • クラウド定義(NIST)のおさらい
  • 米国政府が推進する「フェデラル・クラウド」
  • 大手デパート「Macy's」のハイブリッド・クラウド

<後編>(9:01)

  • クラウド構築におけるポイント3つ
  • マルチ仮想化環境で、自動化を実現するクラウド管理ツール
  • 仮想化セキュリティ・リスクと仮想化テクノロジー

特に米国市場の動向と比較して、ギャップを感じるとことは下記3つのポイントです。

  1. 「仮想化しただけでは、クラウドではない!」
  2. 「メリットはコストより俊敏性」
  3. 「物理環境と同じ、セキュリティ・ポリシーを適用せよ!」

この辺りの要素をまとめたレポート(20ページ)を書きましたので、ご興味あられる方は、お問い合わせください。個別に送付させていただきます!

タイトル:「クラウドの潮流から逃れられない今、IT部門は何をすべきか?」

     〜企業競争力を高めるエンタープライズ・クラウド適用の3つのポイント〜

宛先: mzenomoto@gmail.com
件名:米国クラウド関連レポート


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する