オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

ボカロテノール歌手「VOCALOID Tonio」が7月14日デビュー、デモ音源もついに公開

»

 Zero-Gのクラシック歌手VOCALOID、“VOCALOID Tonio”がようやく出荷開始されるようです。これまでデモ音源すら出てこなかったのですが、プレスリリースとともにデモ音源4種類が公開。当初は2月発売だったのが、5カ月遅れてしまったわけです。Big Alよりはましか(笑)

 7月14日から販売開始。ダウンロード価格は179.99ドル(小売り価格は199.95ドル)。

 カバーする音域はバリトン、テナーだそうですが、デモ音源を聴くとなかなかの出来映え。


 以前のZero-GのインタビューではTonioについて、次のように語っていました。

 Primaとのデュエットもあります。

VOCALOID 2のTonioを2月にリリース予定。バリトンからテナーまでの音域を持つクラシックの男性歌手だ。さまざまなキャラクターを持っており、彼の声の明瞭さにVOCALOIDコミュニティは満足してくれるだろう。典型的なVOCALOIDの声ではない。完全にクラシック向けで、Primaユーザーに適している。今年はTonioの次にも別のVOCALOIDを検討しているが、誰にするかは未定。将来こういうVOCALOIDがほしいという要望があれば、contact@sonika-vocaloid.comにメールしてほしい。

関連記事:
Primaのパートナー誕生! Zero-Gから新たな男声ボカロ「Tonio」
Zero-Gの中の人が語るVOCALOID、Sonika、Tonio、そしてその先

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する