オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

カミサンとボーマス行ってきました

»

 VOCALOIDオンリーの同人イベント、「THE VOC@LOiD M@STER 12」に行ってきました。ボーマスに行くのはこれで5回目かな。今回はカミサンとのデートも兼ねて、ということで蒲田のPIOまで。

 聴き専で200枚を購入した人がいるらしいのですが、すごいですね……。ぼくはサ骨P「行為」、いーえるPのシャウト曲「Sleep Sheep Sheep Shit!」が含まれるコンピ「ハイテン☆ガール2」、ついでに「ハイテン☆ガール1」、そして「TALKLOID FAN」とトークロイドのおしゃべりCD「特盛!」をゲット。あと、Project DIVAのバルーンも配っていたのでもらってきました。

Divabaloon

 音源のほうはまだ聴いてないのですが、TALKLOID FANがすごい! これが1000円とか信じられない。一般流通でも売るべきムックです。

 今回はCDだけじゃなくコスプレ、同人誌もフル装備のイベントだったこともあり、前回以上の大盛況。ぼくは1時半ごろの到着だったのですが、そのころは既にパンフレットは売り切れで無料入場可能になっていました。ただし、売り切れブースも続出。最初から狙っているCDがたくさんある場合にはこの時間帯には難しいでしょうね。

 ところで小学生はちゅねのコスプレ(お母さんがMEIKO?)は見たのですが、Appendっていたんでしょうか?

 それはそれとして、イベント終了後、カミサンといろいろ話す。7:3くらいで女子が多かったのが印象的だったもよう。「Pにサインもらっちゃった」とか言ってたのを会場で聞いてたらしく、そういうコミュニケーションがあるのをおもしろがっていた。たしかにアーティストがファンとダイレクトでコミュニケーションできる場ってのはいいですなあ。

 若い人が多かったのも気づいたそうだ。ぼくみたいなのは最高齢だけど、大学生っぽい人たちが特に作り手には多そうだった。「大学のサークルでボカロ部とかないのかね?」とかいうので、「けいおん!の影響でたくろく部みたいなのがあるかもよ。少なくともラノベではそういうのが」という話をしつつ、そろそろそういうサークルが大学や高校内にできてもおかしくないよなあ、と思った。ひょっとしてどこかにすでにあったりして?

たくろく!
VOCALOIDが出てくるDTMラノベ「あかね色シンフォニア」を読んでみた

 来週もボカロ関連イベントがありますよ。

5/16(日)のIMSTAフェスタにて、津田大介さん(@tsuda)と私クリプトン伊藤によるセミナー「音楽の未来について」が開催されます。入場は無料ですが事前予約が必要です。まだ席に余裕がございますのでぜひお越しを→ http://bit.ly/mQ2Z

 ぼくもさきほど予約しました。1週間後、またお会いしましょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する