オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

iPhone版「あの楽器」がApp Storeで公開された

»

 初音ミクの名曲「Innocence」を3DPV化したときに登場した架空のショルダーキーボード「あの楽器」。それを再現しようというプロジェクトが各所でわき起こっていることはすでに何度も書いたとおり。

Appleが大画面iPod touchを出すべきただ1つの理由

iPhone版「あの楽器」から音が出た

初音ミクが弾く「あの楽器」をiPhoneで再現しようという試み

 その中に、iPhoneアプリを使ったプロジェクトが2つあり、その片方がなんと、App Storeでめでたくリリースされました。それが、「ouiLead」です。無料(App Storeへのリンク)。

 画面には薄くスタイロフォン二段鍵盤が描かれており、これを指でタップしていくことで演奏します。画面に触れると、三角、四角、円、線が描画されて音が鳴ります。

 「ouiLead」はFM音源をベースにしたモノフォニックシンセサイザー。鋸歯波、矩形波、鋸歯波+矩形波、正弦波の3種類のオシレーターから選ぶことができます。

 その特徴は、表現力にあります。鍵盤を押した状態で指を左右に揺り動かすとビブラートやピッチベンド効果を出すことができ、白鍵ならば下方向に、黒鍵ならば上方向に動かすと音量が下がります。これにより、作者のSakai Tsuyoshiさんが、すばらしいソロを演奏しているので、ニコニコ動画の演奏をごらんください。

 比較のためにわたしのしょぼい演奏をzoome App Townに投稿しておきました。うp主の演奏技量が問われるところです(笑)


 さて、もう片方のiPhoneアプリはまったく性格の異なるアプリのようなので、こちらも楽しみです。

 そして、どちらもこのケースが必要でしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する