オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

てのひらにTo-Doをすかしてみれば

»

 みんなみんな生きているんだTo-Do好きなんだ。

 3月1日のエントリー、「てのひらプリンタ」と「究極のToDoリスト」で夢想した、てのひらに書きつけるタトゥーシール、実際に商品化されてしまいました。

To-Do List temporary tatts(Boing Boing)

 商品名は「TO-DO TATTOO」。でも、文字じゃなくて、罫線だけがタトゥーになっているようです。

Tattoo

 人体に無害なフェルトペンが付属。罫線はいらないよ、という人はペンだけでもいいかも。値段は3.5ドルで、タトゥーは12枚が付属。たぶん、フェルトは水性で、洗えば落ちるけど、罫線は残るのでしょう。そうでないと、12回しか使えないことに。いっそ、タトゥーシールじゃなくて、本物の刺青してしまったら究極のTo-Do人間になってしまいますね。

 てのひらにTo-Killの刺青を入れた殺し屋To-Do(藤堂)ってストーリーをいま一瞬で考えたんだけど、だれかラノベ化しません?

関連記事:
「てのひらプリンタ」と「究極のToDoリスト」

Comment(2)

コメント

> みんなみんな生きているんだTo-Do好きなんだ。
松尾さん、この曲、昭和 37 年、作詞やなせたかし、作曲いずみたく、だかんね。今時、「おけら」なんて見た人、いないよお、ふぉふぉ。
手のひらに書くのは、中学の試験の時ぐらいだったねえ。できるだけ、罫線の幅を狭くしてくれないと、量いっぱい書けないじゃん。歴史の年号と事件を簡潔に書かないとね。いいくに(1192)作ろう平安京。

koya

とおるさん、それはカンニ…んしてください(笑)
やなせたかしなんですね。最近では攻殻機動隊S.A.C.2で再び脚光を浴びた曲でもあります。

コメントを投稿する