オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

すごいのは「ぼかりす」だけじゃない(その1):サビ抽出プレーヤー

»

 既にキャラ化されるほどの人気である「ぼかりす」のシステムに関わっているのではと推測されている、産業技術総合研究所の後藤真孝氏(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 知能機能システム専攻 准教授)の業績を調べていくと、VocaListener(ぼかりす?)以外にも興味深い研究成果が上がっていることに気づきました。

 そのうちのいくつかは、すぐにでも製品化・サービス化してほしいレベルのもの。

 たとえば、2003年に論文発表された「音楽を理解するコンピュータの実現に向けて ~ リアルタイム音楽情景記述システムの構築 ~」(PDFへのリンク">)では、「4種類の音楽的要素の記述(メロディー、ベース、繰り返し区間、サビ区間)を得る音楽情景記述システム」で、楽曲の「情景」をリアルタイムに分析し、取得することを目的としています。

 その結果を人間の耳コピーと比較すると、メロディーについては88.4%、ベースについては79.9%の正答率という、まずまずのレベルまで到達。

 これをもとに、Aメロ、Bメロなどの繰り返し区間を判定し、それをもとにサビ(コーラス)の部分を特定することに成功。それをタブレットPC上に実装した、「SmartMusicKIOSK」なるものが成果物として挙げられています。

 動画での解説が掲載されているので、そ機能がわかります。イントロやAメロを飛ばしていきなり「サビ」に行けるのです。

 この技術が実装されれば、多数のミクオリジナル曲のサビだけを抜き出すプレーヤーができるかもしれません。サビの部分だけを演奏してくれる、忙しい人のためのiPod、「SABiPod」とかが出たりして(笑)

 その派生物ではありますが、メロディーとベースの採譜機能はぜひともほしいですね。コードだけならBand-in-a-Boxでも取得してくれるので、それと組み合わせれば耳コピの高速処理が可能になります。わたしなんかは耳コピが不得手なんで、非常にお役立ちツールになるでしょう。

 もう1つのもグレートな技術なので、別エントリーで紹介しますね。

追記:スラッシュドットジャパンで、この議論がすでにされているのでリンクしておきます。
曲のサビを検出するアルゴリズム

関連記事:
謎のテクノロジー「ぼかりす」の衝撃
MP3からコードを抽出して、初音ミクに弾き語ってもらう

Comment(3)

コメント

おおた

最近の曲にありがちな、『サビ→イントロ→サビ→サビ→Aメロ?→サビ→サビ』という構成だと、逆にAメロを検知しちゃったりして(笑)。

Naq

「音楽情報処理」でググると,他にも色々面白い研究が見つかるでしょう.今回の件で,この分野が一般にも知られるようになるのではないかと思います.


後藤真孝,平田圭二
日本音響学会誌60巻11号 (2004)
小特集 ― 音楽音響における最近の話題 ― 音楽情報処理の最近の研究
http://staff.aist.go.jp/m.goto/PAPER/JASJ200411goto.pdf


あ,私はこの分野の中の人ではなく,VOCALOID 関連ツールを作ろうと色々調べているうち,数ヶ月前に知った (というより思い出した) だけなので知ったかぶりはできませんがw


ミクは音楽・イラスト・アニメ・CG などのコラボを巻き起しましたが,今後は更に先端技術の研究者をも巻き込んで技術開発が加速するだろうと思います.ニコニコ動画をその実験場として.
(自分も元研究者の端くれとして参戦準備中なのでそう言ってみたw)

koya

おおたさん、楽曲DBは少ないので、楽曲構成の変化球には対応できないかもしれませんね。でも、J-POPの傾向でしたら対応済みだったりして。

Naqさん、しっかり関連研究がまとまってますね。ありがとうございます。「音楽情報処理」、さっそくRSS巡回キーワードに入れておきます。ミクが巻き起こした「すさまじい量の新曲、動画」をプロセスしていくためにも、こうした技術は必須といえるでしょうね。Naqさんの研究も楽しみにしております。

コメントを投稿する