オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

YouTube@Apple TVを試しているところ

»

 Apple TVがYouTube対応ということで、わが家でもアップデートをダウンロード中。

アップルはまた、本日からYouTubeがApple TVから直接見られるようになったことを発表しました。ユーザは、Apple TVに内蔵のソフトウェア・アップデート機能を使って無料のソフトウェア・アップデートをダウンロードし、YouTubeの使い慣れたカテゴリーによるビデオブラウジングを簡単にナビゲートしたり、特定のビデオを検索することもできます。YouTubeのメンバーはApple TVからYouTubeのアカウントにログインして、好きなビデオを見たり、お気に入りに保存したりすることができます。(アップルのリリースより)

 「Apple TVのYouTube対応、そんなに時間がかかる理由」で書いたとおり、

モバイル機器で、より高品質のビデオとより長いバッテリー寿命を実現するため、YouTubeは先進的なH.264フォーマットでビデオのエンコードを始めました。iPhoneはH.264でエンコードされたビデオを使う最初のモバイル機器となります。6月29日時点でも1万本以上のビデオを見ることができますが、YouTubeは、今秋までに毎週、すべてのビデオをH.264フォーマットで順次追加していく予定です。(アップルのリリースより)

 だそうで。

 とりあえず第一報。現在、Apple TV初めてのソフトウェアアップデートを試み中。現在、ダウンロードが終了してAppleロゴをひたすら見つめているところ。

 ようやくプログレスバーが現れる。

 お。リスタートした。

 オープニングアニメーションが変わっている。さらにドハデなものに。メニューの3番目にYouTubeの文字が(感動)。

 トップレートに表示されているのはなんと遊戯王。著作権的にはぜんぜん大丈夫ではなさげ。20個ずつ次のコンテンツを読み込む仕組みみたい。

 メニューは次のとおり:

・お勧めのビデオ
・人気のビデオ
・最新のビデオ
・トップレート
・履歴
・検索
・ログイン

 最後のログインをクリックすると、自分のユーザー名とパスワードを登録する。

 検索では、インクリメンタルサーチがサポートされています。「pott」まで入力すると、話題の「ブオトコ」オペラシンガーの素晴らしい歌を見ることができます。

 さすがの使いやすさですね。

 それと画質ですが、さすがH.264でエンコードし直しただけあって、なかなかのものです。Rimoとは相当に違います。これは確実にApple TVのキラーコンテンツとなるでしょう。

関連記事:
Apple TVがYouTubeに対応

Comment(3)

コメント

forestk

コンテンツが H.264 ということですが、とするとやはり見られるコンテンツは限られてしまうのでしょうか?

しろとら

再エンコードすると聞いて、てっきり著作権チェックをもと思っていたら。
やってくれますね。Googleさん。
YouTubeが日本語対応したので、AppleTVも日本語検索対応して欲しいですね。

koya

forestkさん、コンテンツはとりあえず1万本とされていますが、もうちょっと多いみたいですね。
しろとらさん、たしかに日本語検索入力機能はほしいですね。以前ならば英語でタグ書いていたはずですが、これからは日本語のみのタグも出てくるでしょうし。

コメントを投稿する