オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

Napsterが日本で成功するための方法を考えてみた

»

 シリアルイノベーションでその魅力が語られているとおり、Napster Japanは国内最強の洋楽ポータルといっていいでしょう。しかし悲しいかな日本の洋楽ファンの数はごくわずか。Napsterが日本に浸透するためにはどうしたらいいか考えてみました。

 洋楽ファンを増やせばいいじゃん。特に洋楽ファンの若者を。

 メーカーからのアプローチとしては、ソニーがヤングの心をつかもうと、ウォークマンのフランツ・フェルディナンド・モデルを出したこともありましたね

 でも、この場合には洋楽に興味のない若者たちを引き込まなければならないのです。マンガは読むけど、洋楽は聴かないような。

 そこで、ジョジョです。

 ジョジョの奇妙な冒険は登場人物やスタンド(能力)に、ロックのアーティスト、バンド、アルバム、楽曲などが使われていることで知られています。つまり、ジョジョを読んでいる若者はこれらの「音楽」が何であるかを知りたがっているはずなのです。

 ある中学生のブログから引用してみましょう。

ジョジョに出てくるスタンド・キャラの名前の由来を探って、一通り聴いて、理解すれば、相当な洋楽通になれる。60年代〜90年代の洋楽に関して、知らない事はほとんど無くなる。これで元を固めた後に、最近の洋楽にも詳しくなると、洋楽に非常に詳しいとされる人達とも普通に会話出来る様になる。

 世代を超えて話が通じるというのはおもしろい。ジョジョはまさに世代を超えた洋楽ポータルだ。

 とりあえず、ギガビートのジョジョモデルとかいかがでしょうか? Napsterのようなサブスクリプションモデルであれば、作品に登場する曲やアーティストを好きなだけダウンロードして聴くことができます。

 いや、iPodでもいいんですけどね。もちろん。

Comment(11)

コメント

バベテツ手島

その場合、ジョジョのほうが訴えられる可能性は?

エアロスミス=プロペラ機と信じている20代に出会った時、軽いショックが。

関係ないけど、「トムとジェリー」を観た事が無いとゆう20代に会った時は
ハンマーで殴られたような衝撃がw

koya

ジョジョの米国版は、一部の名前変更で回避しているみたいですね。
わが家ではジョジョネタが出たときには、必ず元曲を聴かせるという教育方針でおります。
トムとジェリーはケーブルでも再放送やってないですよね。なんでかなー。と思ってたらカートゥーン・ネットワークでやってました。
http://www.cartoon.co.jp/program/tom/index.html

ネハ

あとは、「エロイカより愛をこめて」モデルと、
「マカロニほうれん荘」モデルも必要ではないかと……。
でも、それは我々世代じゃないと買わないでしょうから、
あんまり意味がないですね(笑)

mohno

> ジョジョの奇妙な冒険
全然知りませんでした^_^;

洋楽全盛期=80年代を充実させてほしいです:-)
↑勝手に決めるな>自分

koya

エロイカは、ゼップがオンライン販売非対応なんで、不完全ですね。少佐のモデルがリッチーだって説があるんだねー(Wikipedia)。マカロニほうれん荘は、クイーンネタか。
洋楽全盛期は73年から85年くらいまでかなあ。90年代の名曲の少なさはなんででしょうね。今は多少盛り返してるけど。

バベテツ手島

90年代はラップの台頭に依るのでは、と分析します。

こんにちは。
>洋楽全盛期=80年代を充実させてほしいです:-)
70年代の方がクリエイティビティは高かったような。。。萌芽は60年代末ですが。

主観です:-)

ネハ

>マカロニほうれん荘は、クイーンネタか。

それがベースですが、時々、スティーブン・タイラーやらジミー・ペイジやら、ランナウェイズやらが出てきます。侮れません>鴨川つばめ

koya

今泉さん、mohnoさん、そのあたりの源流や発展系も含めて次から次に聴いていけるのがサブスクリプションのいいところですね。ぜひ、Zune Marketplaceも日本で(笑)
なんか、往年のミュージックライフっぽいノリですね。マカロニほうれん荘、いい機会なので手に入れます>ネハ

mohno

機会があったら Steve に言っときます:-)

コメントを投稿する