オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

オーランド乱射事件の犯人のモバイル端末はiPhoneではなさそう

»

Facebookが災害時情報センター開設という記事で触れたオーランドの銃乱射事件。犠牲者のことを思うと憤りを感じますが、仕事柄つい気になるのは死亡した犯人のスマートフォンはどこのなのか。

既に犯人についての情報はかなり米メディアにあがりつつありますが、まだ端末メーカーについての情報は見つかりません(LA TIMESの情報が速いです)。

犯人のオマル・マティーンは29歳のニューヨークで生まれたアメリカ人(両親はアフガニスタン出身)。犯行直前に911(日本の110番)に電話してきたそうなんで、現場には端末があったんじゃないかと思います。

マティーンはMySpaceなどに鏡とスマートフォンを使って撮影したセルフィーを掲載するのが趣味だったようで、何枚かメディアが掲載しています。それを見ると、少なくともiPhoneではないようです。モデルは特定できませんが、背面にSamsungって書いてあるように見えます。。。omar.jpgomar3.jpgomar4.jpg

今回は単独犯のようなので、FBIが(裁判所経由で)「ロック解除しろ」とメーカーに命令することはないかもしれませんが、もし命令されたら、さて、そのメーカーはどう出るのか気になるところです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する