オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Twitterのドーシーたんが、まるで正式CEOのように日本の皆さんにメッセージをくれました

»

Twitterジャパンが、京橋の新オフィス(8月にお引っ越し)のプレス向けお披露目をかねた偉い人たち(笹本裕代表取締役、王子田克樹オンラインセールス担当役員、味澤将宏日本・東アジア地域事業開発担当本部長、牧野友衛事業成長戦略本部長の4人)のパネルディスカッションを開催するということで、国内記事は書かないくせに、私もおじゃましました。(下は会場の大会議室に飾ってあったケーキ。)cake.jpg

アイティメディアのニュース編集部の人も来ていたので、ちゃんとした記事はそちらにお任せして、と。オフィス訪問リポートは既にねとらぼの太田さんの写真満載の詳しい記事が出てるし。

なので個人的に一番ツボだったことだけ書きまーす。

私もうすうす思っていましたが、日本のTwitterの使われ方というのは(「あけおめ」や「バルス」を含め)独特で、牧野氏によると、電車の遅延情報やまちなかの行列がなんなのかを調べるためにTwitterを検索するのは日本独特なのだそうです。(下は偉い人4人。左から、笹本氏、王子田氏、味澤氏、牧野氏。取材とかしたことないんで、前に出て撮影とかできないんです。ごめんなさい)eraihito.jpg

いずれにしても日本でのTwitter利用は世界規模でみても高い方で、ドーシーたんこと(って、私が言ってるだけですが)ジャック・ドーシー暫定CEOも日本を重視しているとのこと。

広報のご担当者によると、ドーシーたんは日本の「わびさび」も好きなのだそうで。(新オフィスも随所に和風なニュアンスが盛り込まれておりました。)

で、個人的なハイライトはドーシーたんから日本の皆さんへのメッセージ動画でした。

米本社内で撮影されたとおぼしきこの動画。先日の業績発表の動画会見の時とはうってかわって、にこやか。生まれ故郷のプロ野球チーム、セントルイス・カージナルスのキャップに黒いシャツというカジュアルなスタイルで、いかに日本のユーザーがユニークで素晴らしいかを語ってくれました。左手に持っているのはiPhone 6 Plusっぽいですね。dorseytan.jpg

このiPhoneは、最後に自動翻訳したっぽい日本語のメッセージを言わせるために持ってたんです。「おめでとう、ありがとう」というメッセージでした。動画とっとけばよかったなー。最後の笑顔がなかなかチャーミングだったので。

いやぁ、うっかり暫定だということを忘れそうになるほどの自然なCEOっぷりでした。

ところであと数時間で、Twitter本社では取締役が正式CEOについての重要会議を始めるところです(Bloombergより)。

コストロCEOが辞任してから早2カ月。そろそろ正式CEOを決めないとまずい状態です。

ドーシーたんは正式CEOやる気まんまんっぽいですが、SquareのCEOとの兼任は難しいだろうということと、この2カ月で多数の幹部が辞めていることを考え合わせると、彼がCEOになる可能性はあまりなさそうです。

個人的には社員に人気はあっても「でも僕がCEOになったらドーシーたんと気まずくなるし」と気にするような気配りの人アダム・ベインさんよりも、ドーシーたんのようにキャラの立った人がCEOになってくれた方が面白くていいんですけども。

いずれにしてもそろそろ正式CEOが決まりそうな秋ではあります。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する