オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

イケアがジョナサン・アイブのパロディで2015年版カタログを紹介

»

先ほど、ジョナサン・アイブのお友達でもある著名なデザイナーがAppleの社員になるという記事を掲載しときました。

iWatch発表目前(だと思う)のタイミングでわざわざメディアに伝えるということは、マーク・ニューソンさん、9日のイベントに登場したりして。

ところでAppleのデザイン責任者であるアイブさん、これまで発表イベントに登壇することはなくても、たいてい製品に対する熱い思いを語る動画で登場しています。

Ive3

イケアったら、こうした動画のパロディで2015年版カタログのCMをYouTubeで公開しました。

Ikea1

BGMもいつものAppleの製品紹介動画みたいな感じで、まずジョナサン・アイブっぽいおにいさんがグレーのTシャツで登場し、アイブっぽい(英国英語じゃないけど)話し方で製品の説明をするシーンで始まります。

偽アイブに続いて登場するのは紙のカタログ。iPadの紹介動画のようなアングルで空中で回転し、「328ページのIkeaカタログを紹介します。BookBookです」というナレーション。その後も、充電ケーブルは必要ないとか、指でページをめくるようにページがめくれるとか、ブックマークはドッグイヤーにすればいいとか、扱い方の説明が続くという展開。アイブっぽいお兄さんはここぞというタイミングで「Amazing」って言うし。

CEOのティム・クックさんはいぢりにくいキャラなので、今やアイブさんがAppleの顔になっているのかな。 9日にはニューソンさんと肩を組んでリアルで登場してほしいところです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する