オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

自分より大きいT-Mobileに買収を提案したIliadの創業者はこんな人

»

ソフトバンク(傘下のSprint)がT-Mobileの買収をなかなか発表できないでいるところに、謎のフランスのキャリアIliadが買収を提案してきました。

全然知らない会社だったんで少し調べました。

1999年に創業の電話会社で、創業者はザビエル・ニール(46)という起業家。「Free」というブロードバンド接続サービスでフランスの通信業界の価格破壊をしたことで注目を集めたそうです。

Wikipediaによると、今はIliadのCSO(最高戦略責任者)という肩書。フランスの有名な新聞「ル・モンド」の共同オーナー(2010年に権利を買った)でもあり、なぜかフランク・シナトラで有名な曲「My Way」の音楽著作権を2009年に買っています。「信じた~この道を~私はぁ~行ーくだけぇぇぇ」

ニールさん、ゲッティイメージズにいっぱい写真がありました。なかなかのツラガマエです。野心家っぽい。

携帯加入者数だけみてもT-MobileはIliadの5倍以上。目的は米国進出と言われていますが、仮にT-Mobileを買収できたとして、勝算はあるんでしょうか。

でも、T-Mobileのジョン・レジャーCEOもかなりクセがありそうなんで、孫さんよりニールさんとの方が馬が合うかも。

Legere

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する