オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

ビル・ゲイツ、「Microsoftの携帯電話の戦略は失敗だった」とにこやかに

»

先日、Redditで「何か質問ある?」をやって株を上げたMicrosoftのビル・ゲイツ会長。

自分の慈善団体のWebサイトで2013年の指針を発表したので、それを広めるために露出を増やしています。

昨日はCBSのインタビューに登場しました。ほんとは慈善団体の話をしたいんでしょうが、どうしても話の中心はMicrosoftに。それでもゲイツさん、にこやかに答えます。

曰く「ぼくもバルマーCEOも自己批判的な性格だけど、それでもWindows 8、Surface、Bingはうまくいってると思う」

でも、ブレイクスルーをもたらすような活動については満足しておらず、携帯電話の戦略では市場でのリーダーシップを握ることができなかったし、「明らかな失敗だった」と語りました。にこやかに(下の動画の3分55秒目くらいです)。

2010年にBoston Globeのインタビューを受けたときは、「タブレットコンピューティングはMicrosoftがリードしているイノベーションだ」とかりかりと答え、iPadについて質問されると「ノーコメント」と答えてました。

今の方がなんだか楽しそうですね。

Comment(2)

コメント

TETSU

自己批判的な性格か・・・
確かゲイツは他の起業家と違って自己否定的な意見が多かったらしいと聞いたことあるな。心配性過ぎるんじゃないかってぐらいだったとか

ゲイツはタブレットの開発は相当力いれてましたよね。
20年以上前から・・・2000年頃には基調講演でタブレットを披露してた記憶もあります。3度目だから今度こそはタブレットも成功するだろうって予想もしてたっけ(^^;

> TETSUさま

「知ってのとおりself-criticalなので」と言ってました。

コメントを投稿する