オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

「アップル 最終利益伸び悩む」と「Apple決算、iPhoneとiPadの販売台数が過去最高で売上高・純利益も過去最高に」のソースは同じ

»

フラットな視点で記事を書くのは難しいです。タイトルに「純利益がほぼ横ばいだった」ということを入れた方がいいかどうか悩みました。少なくとも、粗利益率が悪くなった要因(iPhone 5やiPad miniの製造コストが高くなったことや、値下げしたiPhone 4Sが売れたこと)を本文中に目立つように書くべきでした。

Appleの肩を持つつもりはないんですが、アナリスト予測を下回るたびに株価が急落したり、シャープへの液晶パネル発注が止まったといっては「iPad売れてないそうだ」という騒ぎになったり(この記事では売れ筋がiPad miniにシフトしたからじゃないかと言ってる)するのがなんだか嫌だなぁと思っていたものでつい。

ジョブズ亡き後、ずっと革新的な製品を出し続けるのはかなり難しいことだとは思いますが、それだけについ応援の気持ちがまじってしまったかもしれません。反省。

Comment(1)

コメント

TETSU

既に売り上げ・利益ともにとてつもない数字ですからね。
これ以上売り上げ増やすのは非常に難しいでしょう。
それにしても利益横ばい、、、130億ドルというと1兆円?
トヨタが年間利益1兆円超えて凄いって記憶あったけど、四半期で超えちゃうのが驚きだね。
ただパソコンの売り上げが減っているのが・・Dellも売り上げ20%下がったし、これも時代の流れなのかな

コメントを投稿する