オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

シノフスキーさん、お別れのメッセージは異例の短さ

»

世の中的には次期iPhone(iPhone 5Sといううわさ)の記事が人気ですが、個人的に今日一番の大きなびっくりはMicrosoftのシノフスキー社長の辞任です。この部ログでも「来日中のシノフスキーさんってどんな人? Microsoftの次期CEOという噂も」と書いたのに。

ついこの間の10月26日、Windows 8の発表イベントで大活躍し、Surfaceで作ったスケートボードを披露していたのに。

Yu_shino1

あのとき既に辞任を決めていたんでしょうか。あまりにも突然のような。

振替休日の日に発表したのは、市場への影響の大きさを考慮してのことなんでしょうか。Windows 8がうまくいっていないんじゃないかとかそういう憶測を呼びそうですし。

AllThingsDほか複数のメディアが、シノさんは能力はあるけどワンマンで幹部の中では嫌われていたと報じています。ああ、どこかで聞いた話。そう、Appleのフォーストールさんの辞任のときの話

CNETが入手したシノさんから従業員宛のメールでは、「そういううわさが出ると思うけど、違うからね。新しいことがしたくなったから辞めるだけだからね」と書いていますが、ううむむ。

シノさんにはいつも、長い長い公式ブログで(まとめるのが大変だから)泣かされてきましたが、それももう思い出になってしまうのですね。

シノさん、自分のブログが長くて評判が悪いことを自覚していたらしく、お別れのメールは記録的な短さでなんと、たったの435ワード。「人生の節目には、私の評判の悪いブログとは違う、簡潔で印象に残らないアナウンス文にしようとずっと思ってきたんだ」(意訳)と言ってます。ちょっと泣く。

まだ47歳だし、ほんとに次のことを考えているでしょうから、今後の活躍に期待したいです。

Comment(2)

コメント

TETSU

確かに、でもどっちかというとSurface RTの責任をとったと思われても仕方ないかも?
Windows 8は一応それなりに売れているし、というかPC自体の売上が落ちている中でそんなに大きな伸びは期待してなかったと思うし
Surfaceは、既存のWindowsとのアプリの互換性もないし、新規プラットフォームとして考えれば苦戦するのはある程度仕方がないところなんだけど、マイクロソフト的にはどうしてもiPhoneやiPadと比べてしまうから・・・マイクロソフトの強みはバージョン3だったのに、その前に撤退しては成功しないよね。

コメントを投稿する