オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

日米Kindle、切り替えられるようになりました が。

»

日本のKindle書店開店祝いでコンテンツを買って四苦八苦した話を前回書きましたが、これについてAmazonのカスタマーセンターから土曜日の午後に電話で回答をいただいたので、記事にしました

ま、この話はそもそも、米Amazon.comのアカウントと日本のAmazon.co.jpのアカウントの両方を持っていて、これからも併用したい人にしか関係ないのですが、具体的な方法を知りたい方は、記事を読んでくださいませ。

Amazon様ともあろうおかた(人じゃないけど)が、日米で同じメールアドレスでアカウントを作るユーザーがいることを想定していなかったというのは意外なんですが、日本のコンテンツを購入した時点で米国で買ったコンテンツが消えてしまったのは、やっぱり「事故」だったそうです。

なので、いったんAndroidで「登録を解除」し、Amazon側でアカウントとAndroid端末の紐付けをぶった切ってもらった後に再度ログインしたところ、ちゃんと日米で切り分けられるようになりました。

ただし、たぶん、パスワードは日米で違うものにしておかないとだめだと思います。ごめんなさい、そこ、聞き損ないました。

で、切り替えられるようにはなったのですが、切り替えるたびに「端末」に落としたコンテンツが消えちゃうので、かなり面倒です。つまり、切り替えるたびにいちいち「クラウド」からダウンロードし直さなくちゃなりません。しかも、履歴も消えるらしく、どこまで読んだか分からなくなっちゃいます。

なので、端末ごとにアカウントを使い分けるのが一番よさそうです。私はiPadを和書用、Androidを洋書用にすることにします。

なお、記事に書きましたが、2つのアカウントを結合するという選択肢もあります。Amazon.comでKindleコンテンツを今後買わないのであれば、これがお勧めです。

ちなみに、ハードウェアのKindleでもアカウントはちゃんと切り替えられます。

だんなに遅まきながらの誕生日プレゼントとして◆http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1210/24/news088.html◇Paperwhite 3G◆を予約してあるので、これが到着したら確認したいところ。11月20日着予定なので楽しみだなー。

米Amazonに日本からログインすると、米国内で買うより高い値段が表示されるという黒い話もありますが、カスタマーサポートがちゃんとしているところとか、私はAmazonのサービスはかなりハイレベルだと思います。

Comment(2)

コメント

emuty

1台でco.jpと.comが同居できないだろうなぁ〜というのは発売まえから予想してたのでいいんですが、今からもう一台Kindle頼むと年明けらしいというのがかなり痛い(笑)

> emutyさま

1万9800円のNexus 7なら、今Google Playで買うと3日くらいで届きます(29日以降だと16Gバイトモデルは値下げになるかもという希望的うわさもあります。。。

コメントを投稿する