オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

MEGAUPLOADの5000万人以上のユーザーのデータが消滅の危機に

»

SOPA/PIPA反対運動への見せしめのようなタイミングで閉鎖されたMEGAUPLOADですが、このオンラインロッカーに保存されているユーザーデータが削除されてしまうかもしれないという話を米NPRが報じています

もちろんさすがに米政府当局が削除するわけじゃないですが、政府がMEGAUPLOADの財産を差し押さえちゃったので、ユーザーデータを保存しているストレージ企業にMEGAUPLOADがお金を払えなくなっちゃって、ストレージ企業が「2月5日までに払ってくれないんなら契約通りデータ削除しますから」と言っているようです。

MEGAUPLOADの顧問弁護士によると、少なくとも5000万人分のデータが削除の危機にあるそうです。もちろん削除されないよう努力しているとも言っていますが、実際に削除されたらものすごい訴訟の嵐になるでしょう。訴訟以前に、多くの人が悲しむことになります。

MEGAUPLOADにアップロードされているのは著作権を侵害している違法な動画だけではなくて、世界中の善良な市民が大事にしている自分の家族写真などもあるんですから。

こういうことや、AKB48のひみつ画像流出などの話を読むにつけ、大事なものをインターネットにアップロードするのは慎重にした方がいいとあらためて思うのでした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する