オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

音楽業界はデジタル配信で復活する?

»

 CD売り上げの落ち込みに見舞われていた音楽業界に、明るい兆しが見えた来たようです。

 VivendiのレビーCEOはFinancial Timesの記事で、間もなく傘下のUniversal Music Groupの売上高が大きく伸びると話しています。同氏は音楽販売を増やす新たな手段として、Nokiaが音楽サービス「Comes With Music」対応端末にプレミアム料金を課すことや、音楽ストアとの提携の可能性、既存のSNSとの提携を挙げています。

 同氏によると、Universalの2008年前半の売上高は5%伸びたとか。音楽ビジネスはサイクルの底に近づいた可能性が高いとし、大手ネット会社、通信機器メーカー、メディア企業と協力して、「新しいビジネスモデルた収入源の開拓を活発に行っている」としています。「われわれは音楽業界のターニングポイントにいる」とも。

 これから音楽業界はネット対応に積極的になっていくのでしょうか。もしそうなら、ややこしいDRMや縛りはなしでお願いしたいです。

 以上、広瀬でした。

関連リンク
デジタル音楽販売額、2012年には音楽販売全体の40%に――In-Stat調べ
デジタル音楽販売額、音楽販売全体の15%に

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する