オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

これからの「モテ」は「エコ」?

»

 女性の88%は、最新モデルのスポーツカーを持っている人よりも、燃費のいい車を持っている人の方がいいと思っている――こんなGMの調査結果をEcoGeekが伝えています。

 さらに米国人の自動車購入者の80%が「パーティーで話をするならスポーツカーを持っている人よりも燃費のいい車を持っている人」、18~43歳の45%が「今時は、環境に優しくない車を持っているのはファッション的に駄目」と答えているそうです。

 モテてしかも地球に優しいとは、一挙両得ですね。とは言え、エコカーが普及したら、また違うものがおしゃれと言われるようになるのでしょうが……。

 ちなみに同じくEcoGeekで空調座布団取り上げられていました。おもしろかったのはコメント欄。「これ、ノートPCに使えないの?」「ノートPCが汗をかいたらね」

 以上、広瀬でした。

関連リンク
Eco誠
エアコンなしでひんやり 「空調ベッド/座布団」で猛暑を乗り切れ
手術服も長ズボンも「裸より涼しく」 「空調服」に今年も新作
「空調ベッド」でさらば寝苦しい夜
これもクールビズ、「空調服」が世界進出

Comment(1)

コメント

Ifreeta

数字というものは面白いですねえ。
燃費のいい車を支持する人が88%で、スポーツカーを支持する人が残りの12%と仮定します。
実際に燃費のいい車を持っている人を44%、スポーツカーを持っている人を1%と仮定しますと。

燃費のいい車を持っている人は2倍モテルが、スポーツカーを持っている人は12倍モテルということになりませんか。

コメントを投稿する