オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

ブラック、サイバー、そしてグリーン

»

 米国では感謝祭の(11月第四木曜日)の翌日を「ブラックフライデー」と呼びます。クリスマス商戦が始まり、買い物客が増えて店が黒字になるからです。感謝祭の週末明けの月曜日は「サイバーマンデー」。休み明けに出社した人が、会社のPCでネットショッピングをするからだとか。

 サイバーマンデーが定着してきたと思ったら、今度はeBayとShopping.comが「グリーンマンデー」なる言葉を作り出しました。プレスリリースによると、グリーンマンデーは12月の第二月曜日。eBayのデータでは、実際はこの日がオンラインショッピングのピークだから、だそうです。なんで「グリーン」なのかという説明は特にないです。あんまり定着しそうな気はしませんが……。

 ちなみに今年のグリーンマンデーにeBayでよく売れたのは、Webkinz(SNSと連動したぬいぐるみ)のトナカイ版、エスプレッソメーカー、American Girl人形、スキー、Wiiなど。

 以上、広瀬でした。

関連リンク
「ブラックフライデー」のオンライン消費額、前年比22%増
「サイバーマンデー」も好調、オンライン消費額は7億ドルを突破

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する