オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Diggならウォール・ストリート・ジャーナルがタダで読める

»

 今では数少なくなった有料ニュースサイトのWSJ。メディア・パブによると、買収成立を前にマードックは「タダにしろー」と言ってるそうですが、Diggの公式ブログによると、今日からWSJのすべての記事(!)に、Diggボタンが付くそうです。つまり誰かがDigg itしてくれれば、Diggのユーザーはタダで有料記事も読めてしまうということですよね。たぶん。

 今見に行ったらほんとだ! 有料記事にもDiggボタンが付いてます。とはいえ会社のメディア用IDと自分のDiggのIDでDiggするわけにもいかず、まだ試していません。うーん、今のところ、まだ誰もWSJをDiggってないみたいだし。早く誰かDiggして~。

Yu_digg_2

 ケビン・ローズ、久々のぐっじょぶだと思った澤でした。

関連リンク
Digg、新機能追加でソーシャルニュースからソーシャルネットへ
マードック、27歳のオペラ歌手をNews Corp.の取締役に

Comment(1)

コメント

sawa

16日現在、Diggのページの右下の方に「We’ve partnered with The Wall Street Journal Online to allow you to view and Digg WSJ articles for free.」と告知が出ています。

たしかに有料記事も無料で読めるようになった!

コメントを投稿する