オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

改造iPhone、フェアレディZに化ける

»

 高校最後の夏休みを費やしてiPhoneのロックを解除したジョージ・ホッツ君(記事はこちら)のその後ですが、解除済みiPhone、なんとNissan 350Z(日本ではフェアレディZ)と3台の8G版iPhoneに化けたようです。フェアレディZの現モデルは新車だと最低でも2万2900ドル(約320万円)。すごいなー。ホッツ君のブログによると、3台のiPhoneは、改造に協力してくれたメンバー(ハンドル名しか知らないらしい)に送るそうです。

 記事にもありましたが、iPhoneのSIMロック解除にはもっと簡単な方法もあるので、ホッツ君はこの1台には「携帯電話の歴史の1ページとしての価値」しかなく、今後も改造サービスをするつもりはない、と書いています。この1台をトレードしようと申し出たのは携帯修理サービス業者のオーナー。純粋な興味なのか商売に役立てるつもりなのかは分かりませんが、ふとっぱらです。

 ところで、ニュージャージー州で車の免許が取れるのは18歳以上のはずなんですが、「ぼくの三菱GTOがこわれちゃったから車が欲しいんだ」と書いているホッツ君は17歳。どうなっているのでしょう~。

 せっかく大学入学が決まったんだから安全運転でね、とちょっと心配な澤でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する