オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

名犬Cyberdog

»

 今日掲載した「スティーブ・ジョブズがAppleを葬った日」はちょっと長いですが、10年前からMacにかかわってきた人にとってはなかなか感慨深いお話です。筆者のデビッド・モーガンスタイン氏は当時MacWEEKに記事を書いていた人なので、1997年WWDCの「炉端のお話会」にも出席していたのかもしれません。

 あのころ葬り去られたいろんな技術、結果的に打ち切って正解だったのでしょうが、残念なものもあります。例えばCyberdog。

 OpenDocで動くAppleのインターネットスイートでした。使い勝手もよかったし、アイコンや、送受信中にわんこが走るアニメーションも健気でよかったんですが。

 ところでこのWWDCの翌年、ジョブズ氏に追い出されてしまったCEO、ギル・アメリオ氏は、当時知り合ったスティーブ・ウォズニアック氏や戦友エレン・ハンコック氏らとAcquicor Technologyという会社を経営しています。サイトの説明では「優良IT企業をいっぱい買うよ」という会社なんですが、イノベーティブではなくても誠意があって人脈を大切にするアメリオ氏にはぴったりなお仕事なんだと思います。

 以上、そういえばファイル転送ソフトFetchのわんこは今でも元気だなぁと思った澤でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する