オルタナティブ・ブログ > 中村昭典の気ままな数値解析 >

●人、●%、●億円…メディアにあふれる「数値」から、世の中のことをちょっと考えてみましょう

【No.1】 iTunes Storeが全米第1位の音楽小売店になったというのは、ニュースですよね?

»

 米Apple社が4月3日付けで発表したプレスリリースで、iTunes StoreがWal Mart社を抜いて米国【No.1】の音楽小売店となったことを発表しています。これは、NPD Group’s MusicWatch surveyのデータで明らかになったもので、2008年の1・2月期の2ヶ月間という短期間での結果。こんな短期間のデータでもって、iTunes Storeが全米一になったと言い切っていいのか、という疑問もないではないのですが。それでもAppleがわざわざプレス発表まで行った背景には、何か特別な意味があるような気もします。

 今回、音楽をダウンロード販売するiTunes Storeに抜かれて第2位となったWall Mart社、第3位のBest Buy社がいずれも音楽販売をCDなどで行っている小売店であることから考えれば、わずか2ヶ月間とはいえ、iTunes Storeが第1位となった事実は、音楽販売の歴史において、ひとつの転換点になったと言えるでしょう。

 ただ、若い世代からすれば、音楽はダウンロードするものというのがすでにフツーの感覚だろうなと思うわけで、今回iTunes Storeが全米第1位になったというのは、たいして驚きもない話題なのかもしれません。どーでもいい話かもしれませんが、私がはじめて買った(音楽)アルバムは、Billy JoelのBig ShotというLPでした。それを社会人になってから、わざわざCDで買い直した、そんな世代です。だから今回のニュースは結構感慨深いものがありました。そうか、そーゆーことか…このニュースに敏感に反応した方は、早い話が、旧世代ってこと…失礼致しました。。。

Comment(2)

コメント

すがぬま

日本の若い世代は、CDからコピーするのが「フツーの感覚」になっているそうです。

 CDを買う→友達で貸し回し(MP3にリッピング)→bookoffに売る。

これでは、CDは売れないし、音楽配信も伸びないわけです。

 ※似たような音楽ばかりしか出せない、音楽業界も問題。
 ※ジャケット違い、カップリング違い、初回限定なんぞの小手先な商売も問題。
 ですが...

米国と日本の違いは、どこにあるのでしょうか...

--

私信:お久しぶりです。 ;p

すがぬまさま
 
コメントありがとうございます。
たしかにCDを購入(ならまだ良いのでしょうが、レンタルする人も多い気がする)して、リッピングするというのは容易に想像できますね。
音楽販売については、単純にダウンロード販売が増えたということだけではなく、さまざまな問題があることは確かです。
個人的には、限定版をはじめとするCD販売の工夫はすごく良いことだと思っていますが、
それが小手先の浅知恵なのか、付加価値なのかは、シビアな消費者が判断してくれるでしょう。
 
追伸 チョーお久しぶりでございます。お元気そうで何よりです。

コメントを投稿する