オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

「失敗しましたが、頑張ったことは認めて下さい」

»

昨日に引き続き、オルタナブロガーの皆さまの議論にのっかってみます:

頑張っているのは貴方だけではありません。 (トラパパ@TORAPAPA)    
頑張っている人大好きです!でもプロには成果を求めている (マリコ駆ける!)

「頑張ります」「頑張ったのに」という言葉について。お二人が指摘されているように、この言葉は言い訳に使われることも多いですよね。

で、期待に沿わないことを告げると、「頑張っているんです/頑張ったんです」と言い返されることがあります。努力は認めますし、リスペクトもしてますが、こう言う姿勢は正直言い訳の域じゃないかと思うのです。      
トラパパ@TORAPAPA

でも、「頑張る」という言葉は「成果がでない」という言葉と対に使われることも多い。      
「頑張ったんですけど、目標に到達できませんでした」      
「成果はでなかったんだけど、頑張ったことは認めてください」      
マリコ駆ける!

この辺りが、会社における「頑張る」という言葉に対する評価が分かれる理由かもしれません。仕事なんだから頑張って当然、そんなことを口に出すのは結果でアピールできないからだ、というのは確かに同感です。

一方で、仕事の評価を行う場合、結果だけを見るのも酷かなと思います。どんなに「頑張って」も、結果を出せないときはありますよね。それが言い訳になるかどうかは別にして、純粋に運が悪かったというときもあるし、会社のサポートが十分でなかったという状況もあるはずです。なのに結果だけを見られて評価されるとしたら、どうしますか?――僕なら期首の目標設定を低くしたり、難しい仕事にアサインされるのを避けたり、能力の低い人と組むのを避けるようになるでしょう。

ちょうどいま『実行力不全』という本を読んでいたのですが(以前みずほ情報総研の吉川さんが書評を書かれていましたね)、その中にこんな一節があります:   

結果を評価されると、人は厳しく管理されているというプレッシャーを感じる。もっと作業中の行動を評価してほしい。GMの作業員は、トヨタの作業員より管理の厳しさを実感しているはずだが、実際には、トヨタのほうが管理は厳しい。結果のみを評価し、作業の途中を評価しないと、ストレスやフラストレーションが生まれるが、管理が行き届いて、成果を上げている現場では、それほどストレスにはならないことがわかる。

(中略)

GMの例からもわかるが、結果ばかりを詳しく評価しても効果は上がらない。作業のプロセスを評価し、わかりやすい情報を与えると、それが行動の指針になる。

「頑張りました」を言い訳で終わらせないためには、仮に報酬は結果に連動させるにせよ、プロセスに対する評価/フィードバックが欠かせないのではないでしょうか。「そう、頑張るの/頑張ったの。それじゃ具体的にどう頑張るのか/頑張ったのか教えて?」という態度ですね。

そのためには、従業員の側でも 

「失敗しましたが、頑張ったことは認めて下さい」

というセリフで終わらせるのではなく、

「結果は失敗でした。その原因はAという行動を取ったことにありますが、これはBという状況に対して、Cという判断を下したためです。どこにミスがあったかご教授下さい」

などという報告を行うことが必要ですよね。あ、これって結局、「頑張ります」「頑張りました」という言葉不要論、ってことになるか。ということで、明日から「頑張ります」と言わないように頑張ります!

Comment(6)

コメント

トラバありがとうございます
っていうか社会ネタ以外で2つもトラバされたのは初めてかもしれません・・・(苦笑)


私がいいたかったのは「がんばる」という言葉に心がこもっていてその前後の文脈にも納得感があればそれは理解できリスペクトできるわけで・・・
ノウハウがまったく感じ取れないのに「がんばる」といわれると不安というか、さらに何度もいわれると不快というか・・・一種のトラウマなんですかね。まあ私見の極みかも知れないのですが・・・

トラバありがとうございます。
結果だけではなく、プロセスも評価することは是非したいと思います。でも、「頑張る」と言う言葉はどうしても精神的な意味合いが強いので、プロセスの評価もロジカルに行うと、ご指摘のように「頑張る」は関係がないことになってしまいますね^^;個人的には「頑張る」人は大好で、評価云々の前に、とっても応援したいんですけど。

おおた

えーっと、ジャンルタグが凄いことになってますよ…(笑)。
 ついでに何か気の利いたコメントでもつけられればいいんですが、こういった評価とかに関してはろくでもない経験しかしたことないので…(汗)。

アキヒト

みなさま、コメントありがとうございます。
2日続けてオルタナブロガーの皆さまのネタに乗ってしまいましたw


>トラパパさん
>私がいいたかったのは「がんばる」という言葉に心がこもっていてその前後の文脈にも納得感があればそれは理解できリスペクトできるわけで・・・
この部分、僕はトラパパさんのエントリから感じられましたよ。うーん、文章で表現するのは難しいですね。
僕も心のこもっていない「頑張ります!」や、言い訳としての「でも頑張りました」には反対です。それとは別の、評価されるべき「頑張りました」には何か別の表現を用意してあげたいところです。個人的には、本文で書いた通り「現時点でベストだと思うことをこう判断し、実行した結果です」のような言い方になるのかなぁ、と考えています。


> マリコさん
> 「頑張る」と言う言葉はどうしても精神的な意味合いが強いので、プロセスの評価もロジカルに行うと、ご指摘のように「頑張る」は関係がないことになってしまいますね^^;
なるほど。確かに「頑張りました!」と言われると精神的な意味合いを感じますね。プロセスとか具体論とか以前に、仕事に向かう姿勢というか。その意味において「頑張って当然」なのでしょうね。


> とおるさん
ああっ、またやってしまいました……エディタ経由で投稿/修正するとこうなってしまうのです。ただいま修正しました。
> こういった評価とかに関してはろくでもない経験しかしたことないので…(汗)。
僕も評価する/されるは非常に苦手です。話はズレますが、小学校教師をしていた父親が通信簿をどうつけるかで悩んでいた姿を、いまふと思い出しました。何をどう評価すれば最適なのか、という問題は永遠のテーマですよね……。

小林さん、コンニチハ。
ワタシは「頑張りまーす!」と言って、実際には何もしない人が苦手です。
言葉はいいから頑張ってみようよ、そして結果につなげてみようよ、と思うのですよ。

アキヒト

ばんちょ~さん、コメントありがとうございます。
いますよね、とりあえず「頑張ります」と言ってしまう人……そんな「頑張る」は論外ですよね。
何も言わずに黙々と頑張り、結果を残す人になりたいと思います。

コメントを投稿する