オルタナティブ・ブログ > ITアナリスト ビジネスとITの交差点を横断する >

ビジネスとテクノロジーの間には深い溝がある?

Oracle Marketing Cloud が目指すビジョン

»

Oracle Cloud World 2015の2日目にあたる2015年4月10日、Oracle CorporationのOracle Marketing Cloud エマージングマーケット担当のVP、Abe Smith氏より、Oracle Marketing Cloud の戦略アップデートが提供されました。この記事は、オラクルマーケティングクラウド最新情報に関する説明会での内容を振り返るものとなります。

マーケターの現状

モダンマーケティングはいろいろなところで議論されるようになり、企業は顧客と強力な関係を築く重要性を十分に認識しています。デジタル手段を介したコミュニケーションを行うようになり、顧客はパーソナライズされた体験を好むように変わってきています。しかし、企業はいまだにメールの大量配信に依存しており、見当違いのメッセージやプロモーションを受け取ったりすることがあまりに多く、顧客と深い関係を築く状況には至っていません。

問題は大きく分けて2つあります。1つは複数のチャネルでバラバラの顧客体験を提供していること、もう1つはリアルタイムに顧客体験を提供していないことです。このような状況を作り出している原因は、メール、Web、SNS、モバイル、コンテンツ、デジタルといったチャネルを経由してのメッセージがバラバラだからです。また、コミュニケーションチャネルだけでなく、組織自体が縦割りで一枚岩のマーケティング戦略を展開できていないことも原因の1つです。特に、古いタイプのマーケティングオートメーションツールの場合、カスタマージャーニーを「はい/いいえ」の二者択一の階層モデルで構築するため、実際の人間の行動とかい離したキャンペーンを繰り返すことになりがちです。

Oracle Marketing Cloudが考えるモダンマーケティング

こうした現状を打破するため、Oracleはシンプルなマーケティングとインテリジェントなキャンペーンの両立が重要と説きます。マーケティング分野ではポイントソリューションが数多く存在しますが、企業が求めるEnd-to-Endのマーケティングソリューションを提供する上で、Oracleには以下の4つの優位性があるという説明がありました。

  • データ管理プラットフォームとマーケティング分析:

インテリジェントなマーケティングはデータの理解から始まります。Oracleの場合、自社の基幹ビジネスの関連性からデータ管理を非常に重要視しています。データ管理プラットフォームは、企業自身が保有するデータだけでなく、パートナーと共有するデータや外部から購入するデータを合わせ、顧客を深く理解するための基盤です。また、マーケティングプログラムの成否はROIに基づき評価されなくてはなりません。売上との因果関係を評価するのがマーケティング分析です。

  • コンテンツマーケティングおよびソーシャルマーケティング

顧客とのエンゲージメントの獲得と維持において、質の良いコンテンツを提供することは重要な成功要因となります。適切なメッセージを顧客それぞれのニーズに基づき提供することが、企業と顧客それぞれに快適なカスタマージャーニーを作り出すことができるからです。また、Oracleは自社のクラウドアプリケーションにソーシャルの要素を戦略的に取り入れています。ソーシャルリスニングを考慮するのは、ソーシャルメディアがカスタマージャーニー全体を通して重要な役割を果たすと考えるためです。

  • クロスチャネルマーケティング

縦割りで実施されてきたマーケティングプログラムを包括的なものに転換すれば、誰を優先するべきか、どのようなコミュニケーションが適切かといった意思決定が容易になります。また、日本では全人口におけるモバイルデバイスの保有率が非常に高く、今後モバイルマーケティングが戦略的に重要となります。メールに依存するのではなく、位置情報に基づくプッシュ通知を活用したりすることも考えなくてはなりません。顧客体験において、クロスチャネルはもちろんクロスデバイスも重要な視点となるでしょう。

  • Oracle Marketing Cloudのエコシステム

Oracle App CloudとOracle Data Cloudは、利用しているサービスのカスタマイズに役立ちます。これはOracle Marketing Cloudが提供するソリューションを補完することにつながります。

Oracle Marketing Cloudのビジョン

Smith氏は、Oracle Marketing Cloudは、統合した顧客体験のビジネス価値を高めることをゴールとしており、以下の3点を重視したソリューションを提供していくことと述べました。マーケターの仕事をシンプルにすること、カスタマイズした顧客体験を提供することに加え、Oracleのマーケティングソリューションは大企業の要件に応えるものであることが強調されています。

  • 簡素化
    • メッセージを統一
    • 最適化とテスト
  • 顧客中心主義
    • 個別化した体験
    • リテンションを向上
  • エンタープライズ対応
    • マーケティングメッセージのスケーリング
    • オープンなデータモデル

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する