オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

独自企業によるSEO診断ツールの是非について~Google SEOの再確認~

»

私のコラムがディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。
---
こんにちは。吉政創成の吉政でございます。先日、当社のほうで構築・運営しているWebサイトに対して、第三者によるSEO診断がされました。第三者によるSEO診断というのが大変懐かしく、もはやその手のサービスはなくなったものと思っていたのですが、現存していたので、改めてGoogle SEOについて確認のためにコラムを書くことにしました。SEOを正しく理解する意味でもこのような基本的なことは言い続けないといけないと思いました。

まず大前提として、現在、検索エンジンの日本及び世界シェアの90%以上はGoogleが持っています。

Googleがここまでシェアを持っているとSEO=Googleに対するSEOといっても過言ではないです。そして、SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジンに対する最適化という意味です。検索エンジンの要件に最適化したWebサイト(Webコンテンツ)を構築・運営するということになります。

この業界の方であれば、ご存じのことではありますが、Googleによる検索順位の決め方は、割とちょくちょく変更されています。それらの変遷はGoogle社が公開しているGoogle ウェブマスター向け公式ブログを拝見してもわかりますし、Google Search Consoleのチェック項目や、アラートの上がり方を見てもわかります。

長い年月の間、大きく変わってきたものの例として代表的な例は以下だと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2020/07/06/seo%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する