オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

宮﨑悟氏の「KUSANAGIでクラスタを組んでみよう」第3回

»

私が編集支援している

宮﨑悟氏の「KUSANAGIでクラスタを組んでみよう」第3回がデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

---
前回はファイル同期について説明しました。今回は、mariadbとGalera Cluster の組み合わせについて説明します。

■Galera Clusterとは

Galera Clusterは、mysql5.x/mariadb上で稼働するActive-Activeクラスタ実装の一つです。複数ノード間のDB情報を同一の内容になるよう維持します。

かつてDBのクラスタといえば、Active-Stanby型のクラスタが殆どでした。Active-Standbyでは、DBデータをコピーしているだけのStandby機が必要です。そのため2台のマシンが必要で、切り替え時間も遅く、性能も1台のみの性能となります。

MySQL/mariadbの場合は、Replicaノードを使用した読み込み専用のノードを用意することができます。この場合Read動作(SELECT文など)の動作は早くできても、Write動作(INSERT/UPDATE文など)はMasterに集中します。そのためWrite動作の多いユースケースでは、Masterに負荷集中する問題があります。

Galera Clusterは、Active-Active型つまり全ノードがMasterとして動作するクラスタです。そのためRead/Write動作を全ノードで行うことができ、負荷分散やノード追加も可能です。Galera Clusterは全ノードをMasterとするため、ノード同士のDB情報に不整合が発生する可能性もあります。Galera Clusterでは、多数決方式でDB情報の不整合を解決します。多数決方式のため、構成ノードは3つ以上の奇数台であることが推奨されます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/10/kusanagi-3/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する