オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第62回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート1)

»

私が編集支援している中井悦司氏のCTC教育サービスコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第62回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート1)」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
 今回からは、2019年に公開されたエッセイ「From Corp to Cloud: Google's Virtual Desktops」を元にして、Google社内の仮想デスクトップ移行プロジェクトを紹介します。Google社内で使用するシステムを自社のパブリッククラウドサービスであるGoogle Cloud Platform(GCP)に移行するという、少しユニークなプロジェクトになります。
移行プロジェクトの背景
 Google社内では、開発作業用のワークステーションとして、開発者のデスクに設置したタワー型サーバーの他に、クラウド上の仮想デスクトップ環境も使用しています。元々は、仮想デスクトップ専用のクラスターを構築・管理していましたが、2016年にこれらをパブリッククラウドサービスであるGoogle Cloud Platform(GCP)に移行するプロジェクトを開始しました。先ほどのエッセイでは、その理由として、次の点を挙げています。
・既存の独自クラスターは、クラスターの拡張作業に時間がかかる
・クラスターの管理作業の手間を削減したい
・クラスターの管理には、ハードウェアからゲストOSの構成まで、フルスタックの人材が必要
・夜間などにアイドル状態のマシンが多く発生してリソースの利用効率が良くない
・部署ごとに個別のクラスターを用意するケースがあり、これらを共用サービスとして統合したい

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai262.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する