オルタナティブ・ブログ > 学校マーケットと企業の接点・・ >

受け狙い? 脅迫型企画? なんでもありの亜流企画塾

どたばたどたばた

»

専門学校に関して かなり動きがあります。

このご時世なのに中心校(中核校とも言います)は、学生数が増えているのですよ~。

理由は大きく分けて2つ

大学よりも就職率が高く、その実態が高校生を持つ両親に伝わり始めた!

今までは、『とりあえず大学に行きなさい』といっていた親が、下のレイヤーの大学行っても就職が無い・・と気付いたんだよね。

4年間一生懸命勉強するならばまだしも、半分遊ばれた日にゃ~(おっと我が身振り返るとですが・・(@_@;))学費は掛るわ、就職できないわ でエラい目にあいますね。

大学生や社会人、就職浪人の方が通い始めた

Wスクールとしての大学生の入学。今の学生は色々と大変です。

大手校と呼ばれる専門学校は、今の時代をフォローフィンドーとして捉えています。

反面、新興大学や短大は苦戦を強いられせていますね。

さて、これから先大学・短大・専門  どのような状況になっていくのか??

注目ですね~。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する