オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

日本国内の序列に不満のある会社は海外進出してガラガラポン

»

先日23区内のあるホテルのロビーに入りました。そのホテルの1階でリムジンバスのチケットを買い、羽田空港の「空の日フェスティバル」に遊びに行くためでした。

リムジンバスに並んでいる間、中国系と思われる旅行者ご一行様が賑やかにしていたのですが、私の前に漢字がいっぱい書かれた旅行パンフレットを持っている方がみえました。恒例によりこの方々は並んで待つことなんてしないのですがそれはそれとして。

(というか時間が来れば乗れるバスに並んで待っていた自分のほうがおかしいかもしれません。そのかわり窓際に座れましたが。)

パンフレットを見てみると、まさしくそのホテルについての写真と説明らしいものがギラギラと豪華絢爛に書かれていました。私の感覚としては、そのホテルは悪くはないものの決して憧れるほどのポジションではなかったため、パンフレット上での扱いに驚きました。マイクロソフトのプレゼンかと思うほどのギラギラぶりでしたから。

そのとき私が驚いたのは、日本と中国の経済格差についてということではありません。日本のホテル界ではある程度の序列が既にできあがってしまっており、それを覆すことはなかなか難しいと思われます。しかし海外に目を向ければそんなことはなく、向こうの旅行代理店と組んでイメージをリセット出来るのではないかと感じました。

もしこの作戦が成功し国内で力を蓄えたホテルが中国進出すれば、日本ではなんともないブランドのホテルが上海あたりに高級ホテルを建てることがあるかもしれません。そこまでいけば日本国内にも好影響が出てきて序列を書換えてしまうなんていうことも考えられます。

最近大里マリコさんが中国語のWebサイトについて何本かエントリを書いておられますが、ホテルだけでなく多くの業界でローカライズされたWebサイトの作り込みが増えてくるのではないかと思いました。

Comment(2)

コメント

xxx

上海には森ビルが進出していて、高さは日本の六本木の森ビルの2倍らしいです。
ただし幅は半分で、以前、森ビルの社長が六本木の森ビルを真ん中で半分に
切って縦に繋げたと書いている記事を読みましたが、まあ、そんな感じです。
中国で高層ビルをきちんと作るのは技術がいるようで、配水管が至る所で
水漏れするような施工技術しか持っていないという話を、虹橋空港のロビー
で施工会社の人が話をしているのが聞こえました。
ちなみに、上海森ビルは上海のランドスケープ的なビルで、日本で言うと六本木ヒルズ
や、池袋サンシャイン、横浜ランドマークタワーにあたります。

xxxさん、コメントありがとうございます。
国の名前は伏せますが、某アジアの国で大きな地震があって色々と建物が壊れたのですが残った建物を見ると旧日本軍が建てていったものが多かったとか。
よくその国をバカにする例として出されるのですが、私はいつもここから地震のある国だからそれに対向するために建築技術を発展させたのだということを考えさせられます。中国は広くて人口も多くて資源もあって、あまり悩み苦しむところが少ないのかもしれないですね。

コメントを投稿する