オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

スパボ一括の安さに負けてiPhoneを買ってしまった

»

タイトルの通り、近所の家電量販店で売られていたiPhone 3Gの8Gを購入してしまいました。もちろんSじゃないやつです。

もともと使用しているソフトバンクの携帯電話はジェイフォン関西の時代から数えて10年使っている番号です。1年くらい前に3Gの機種に移行してスーパーボーナスの2年ローンが残っていたのでiPhoneを買うことなんてまだまだ先のことだと思っていました。

話は少し横道にそれて両親の話ですが、これまでソフトバンクのプリペイド携帯(2G)を使っていました。実家で2Gよりも3Gのほうが電波が良いことやサービスの行く末などの話もあって3Gの安い機種に変えてしまおう(番号が変わっても)ということで合意していたのですが、なかなか良い機種が見つかりませんでした。そこで月々割が基本使用料に充当できなくなるというルール改正が発表されたので土曜日に慌てて2台を新規契約してきました。

そこでスパボ一括の威力を感じていたのですが、本日発見したiPhoneは(別に珍しくもないと思いますが)本体が一括で4800円です。ただ友の割引が使えるので5000円が充当され、本体の初期費用はマイナス200円ということに(笑)加えてそろそろ仕事用のスケジューラをなんとかしたいという思いがあり、妻の決済を経て購入に至りました。

ここに契約手数料の2835円と、月々割が適用開始になる前の1ヶ月目と2ヶ月目の1280円×2も初期費用に加えるとして、合計でだいたい5500円くらいで買ったことになります。

あとはiPhone for everybodyが終了になるまでの2年間をホワイトプラン980円+S!ベーシックパック315円+パケット定額フル1029円で凌ぐのですが、ソフトバンクの良心を信じるならば2年間は月々割1280円が割り引かれるので月々の支払額はだいたい1000円から4000円に収まる形になります。(通話はメインの携帯で行いますので。)プラン改定などがない場合、トータルコストは最安で2年間30000円を切ると思います。(ソフトバンクの良心を信じるならば。)

あとはパケット通信料を抑えるかどうかです。ひとまず公衆無線LAN無料サービスがついているのでBBモバイルポイントならばWiFiで、すなわちソフトバンクでのパケット通信を行わずにネットが使えます。または月々380円を払ってWirelessGateを使うのもアリかもしれません。

これでオルタナブロガーのアクティブな人の中でのiPhone所有率が一層上がるということに。ひとまずはOSをバージョンアップしたりケースを買ったりiTunesのアカウントを取ったりとやることが山積みです。

Comment(4)

コメント

おぉ、買いましたね!
私もパケットをバリバリ使えないのは辛いと思うと同時に、それだとiPodTouchと同じ感じになってしまうので、iPhoneのありがたみが半減してしまう感じです。
やっぱりいつでもどこでもインターネットが「快適に」使えるというのがiPhoneのメリットだと思いますので。
iPhone for everybodyは確かこの期間に契約すればその後もそのままで継続してくれたと思いますが、違いましたっけ?

koyaさん、先ほどアップデートしてダメ社員の典型3.0になりました。
ご紹介いただいた記事を見る前に魅力にだいぶ魅力にやられてきました。月々4000円なら……ごくり。
小俣さん、コメントありがとうございます。
実は仕事場ではネット接続可能なPCの前を離れることもなく、「欲しいなぁ」と思うサーバルーム内は携帯電話持ち込み厳禁。行きと帰りの電車くらいしか接続する場所がないのですが地下鉄なのでほとんど電波をつかめません。
iPhone for everybodyは違約金が1万円なので契約が有効な2年の間に解約するともったいないな、という意味でした。あと、2年単位での自動継続であるため2年後の解約のチャンスを逃すともう「2年」継続、という形になるようです。そちらも注意が必要そうですね。

私も買いましたよ。どこでも、いつでも、事務を処理することができます。かなり、便利です。

コメントを投稿する