オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

不況で内定取り消し

»

この経済危機で大学4年生の内定が取り消されるという事が起きているようです。

 学生の将来のためを思って

「もしかするとうちの会社も『危ない』かもしれないので、あなたの将来を思って内定取り消しです」

なのか、それとも反対に

「うちの会社の生き残りのために内定を諦めてくれ」

なのか、どちらが中心でしょうか。聞いたところでは新卒採用には1人あたり100万円必要になると言われます。もっと安いところも高いところもあるでしょうが、負担が軽いものとは言えません。また、新卒を1年見送ると翌年の新入社員はすぐ上の先輩がいなくなってしまうなど、年齢別に見た社員のピラミッド構造に歪みが生じてしまいます。言うまでもなく学生とトラブルになる可能性もあります。

こうした背景の中で内定を取り消さざるを得なくなるということは、企業に切実な事情があってのことなのだと思います。それほどの事情ならやはり全社のように内定を取り下げてもらって幸せなのかもしれません。

さて、かく言う私は大学4年の冬に生まれつき病気を持っていたことが発覚しました。判明したきっかけは会社から受けるよう指示された「入社前健康診断」です。健康診断の1か月前にインフルエンザで病院にかかった時も異常は発見されず、私自身全然気付いていませんでした。そしてある日、人事の方から電話がかかってきました。

「健康診断の担当医から電話があった。内定とか入社後のことは一切心配しないでいいから、まず病院に行ってください。」

と。いきなりそう言われたので言葉通りに会社のことなど考える余裕もなく病院に行きました。そして1ヶ月ほど入院するわけですが、ベッドの上で1人落ち着いて考えてみるとだんだんと自分の将来が心配になってきます。「ああ。入社前に印象が最悪だ」とか「病人は他の人と区別されて社史編纂室のようなところに配属だろうか」などなど。

ところが配属されてみると別に邪険に扱われる事もなく普通に配属され、さらに上司は病気について予習までしてくれていました。おかげ様で今はすっかり病気も落ち着きました。

さて人事に入院を知らせると「内定を取り消すことはないから、体を治してください。4月1日に間に合わなくても心配いりませんから無理しないで下さい。」とのことでした。卒業旅行にも行けず、サークルの最後の合宿にも行けず、有り余る時間をベッドの上で過ごしたわけですが、私は入社後のことを考えて情報処理試験の勉強をすることにしました。病人特有の歪んだ思考で「入社はできたとしても、何か努力を見せないと会社を追い出される」と思い込んでいたからです。

その時に勉強した事は、今とても役に立っています。(入社後に少しだけ再入院したのですが、その時に今の妻(当時はただの同期)がお見舞いに来てくれたり。)むしろあの経験が無かったら、「大学を卒業して会社に入社する」ということを今ほど大切に感じられないだろうと思います。入院するのは二度と嫌ですが、今となってはその思い出も人生のワンシーンとなりました。

私は内定を取り消されずに済んだわけですが、その時に足掻いたことが今になって役立っています。この経済危機で内定を取り消されてしまった方々に置かれましても「人生どうなるものかわからない」の言葉を胸に、自分の将来を切り拓いていって欲しいと思います。

Comment(2)

コメント

陽平さん、こんにちわ。
 
今回の内定取り消しは、私もかなりショックでした。
売り手市場の時期は、学生が重複内定をもらっては、内定辞退を繰り返していましたが、
買い手市場になると一転、立場が逆転します。
とはいえ、企業が内定取り消しをするということは、
学生が内定辞退をするのに比べれば雲泥の差で、
過去にもあまり例が多くないと思います。
陽平さんが指摘されているように、企業の採用活動は経営戦略と直結した重要な位置づけにあり、
採用するにせよ、しないにせよ、それなりのお金とパワーと知恵を注いで決めています。
バブル期以降は特に、慎重に採用プロセスを踏んで厳選している企業が多く、
だからこそ内定した学生は「こいつは絶対欲しい」学生なのです。
 
ただ、昨今の経営環境の変化はあまりに急激かつ影響大であり、
それだけに内定取り消しをしないとままならない状況に追い込まれたのでしょう。
 
バブル期とは異なり、日本企業のポテンシャルはさほど落ちていないという指摘があります。
今後の企業の採用活動に大きな影響が出ることのないよう願っています。

中村さん、コメントありがとうございます。
私は2003年に新卒で入社したのですが、いわゆるロストジェネレーションの真っ只中で学生にとっては就職難の時代でした。エントリーシートを出した後に「今年は採用やめます」というメールをもらったことはありましたが、内定した後に取り消しということはありませんでした。
思えば、最近の企業動向として削ってはいけない余裕まで削ってしまい、今回のような激しい環境変動があると耐え切れなくなってしまうという体質があるのかな、と思います。
学生さんにはこれにへこたれず、前向きに自分のやりたい仕事を探してもらいたいと思います。

コメントを投稿する