オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

4ヶ月前に落とした財布が警察に届いた

»

今年の6月にお財布を落としました。家から自転車で5分のスーパーで買い物をして、レジでお金を払った後から家に着くまでの間に失くしたことは確かです。本日4ヶ月ぶりに手元に戻りました。弊社の先輩が『サーチアーキテクチャ「さがす」の情報科学』という書籍まで執筆しているというのに、落とした財布も満足に探せないのでは恥ずかしいと思って今までこちらでは内緒にしてました。ま、見つかったのは探し出していただいた警察の方の功績なんですが。私もスーパーから自宅に至るまでの道路沿いの植え込みに関してはかなり念入りに探したのですが、発見された場所は正反対の場所でした。警察の方は探す(というよりは捜す)技術というのが高いのだと思われます。関係者各位には感謝しております。

届いた内容はというと、銀行のキャッシュカードが3枚(うち2枚はクレジット兼用)とクレジットカードが1枚。それと免許証と医療情報技師のライセンスカード。医療情報技師のライセンスカードは再発行が面倒だったので助かりました。カード類は即日止めたので被害は発生しませんでした。現金は無くなっていました。レシート類もそのまま残っていまして、落としたその日にスーパーで買い物をした時のレシートが出てきました。ですので家に至るまでの路上で落としたか、スーパーで買い物をして自転車に乗るまでの間にポケットから盗まれたかのどちらかでしょう。

見つかった場所は最寄り駅の隣の駅の駅前の植え込みの中だったそうですので、中身を抜いた後にそこに捨てられたのだと思います。せめて人目につくところに捨ててくれればもう少し早く手元に戻ったのですが……。それでも免許とカード類が戻ってきただけ幸運です。意外だったのはEdyです。2枚のEdyが財布に入っていたのですが、PCで残高を確認したところ2枚とも使われた形跡がありませんでした。Edyは記名式SUICAと違って紛失時に残額を他のSUICAに移すことができません。落としたその日から今日に至るまで、その運用が改められるまでは二度と使わないと思っていました。しかし、4ヶ月も風雨にさらされてもへこたれないハードの強さと、現金が盗まれたのにEdyまでは盗まなかったという実績から、意外といいんじゃないかと思い始めました。

明日からはまた銀行とカード会社に電話をして復活させられるカードは復活させて、交換になるカードは交換しようと思います。そういえば、カード会社に勤める友人から「クレジットカード不正使用の検知アルゴリズム」の一端を聞いたことを思い出しました。後日ご紹介します。

#植え込みから突然発見されたのは、秋の落葉が本格化する前に植木の剪定が行われたからのようです。上から落ち葉が積もっていたら発見は困難だったでしょう。スエルテ!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する