オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

融資の減額実行って。

»

前から日本の銀行融資のかなり妙な慣習だな、と思ってるのが減額実行。

例えば、

資金繰りや事業投資で、5億必要とした企業側の需要に対して2.5億だけ貸す。


で資金足りずに潰れた場合、

「2.5億で済んで良かった。担保あるし」みたいなアレね。


何度か目の当たりにしてるけど、不条理だよね。

んで、

保証協会ってのは、銀行のセーフティネットだとつくづく思う。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する