オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

ストレスが高い職業と、低い職業

»

つい一昨日前なんですが、ここ4~5年くらい感じたことのないほどの強いストレス(歪み、或いは精神的な負担)に苛まれました。

しかも緊急に問題の芽を摘まねばならないアレでした。

その因を根絶してからも4時間くらい胃がズキズキ痛かった。嬉しくない作業。

サイバーエージェントの藤田さんはよく『憂鬱でなければ仕事でない』と云ってる。本も書いてるし。

そして、それが嘘だとは思いません。

でも、
僕は自分の興味のあること、やりたいこと、楽しいこと、それが出来れば更に前に進んで違う景色が見えること、によってお金を稼ぐようにしています。

選んでそうして生きています。

* ストレスが最も高い職業と最も低い職業ランキング2014年版 
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304387404579307451353828272.html


このランキングを観たんだけど、うーんとね、、よくわかりません。

聴覚訓練士になりたいとか羨ましいとか、微塵も思わない。
ヘアスタイリストのストレスが少ないとか、パイロットがストレスが大きいとか、意味もよく分からない。

職種じゃないでしょ。

清掃員でも、
検死でも、
消防士でも
どんな仕事でも、

本人にとってやりがいのあること、楽しいこと、ワクワクすること、出来たらすごいこと、がストレスが少ない仕事なんじゃないのかなぁ。

へんなことかいてるかね?

イベントのコーディネイトとか前の会社(現GMO NIKKO)でけっこうやったけど、全然段取りどおり進まないときほど燃えてこなしてたりしてた、ことを思い出したり。


うん、あれはあれでほんと楽しかったよな。

Comment(1)

コメント

ardbeg32

他人の能力不足だの、手配指示漏れだので段取りがうまくいかない時ってのは余りストレスに感じないと思うのです。何故ならもぐらたたきのように自分の手を早く回していけば、あるいは信頼できる仲間に仕事を回せばなんとかなっていく(であろう)から。
ストレスを感じるというのは、誰かが頑として意見を曲げずに仕事が進まないだとか、縦のものを横にした所でそもそも話に道理がなくそれが自分の責任でなく別の人発の問題点だとか、自分の努力でどうにもし難い仕事ではないでしょうか。
今も私は自分にとってやりがいがあってワクワクする職種についていますが、つまらないセクショナリズムや無気力・上長のIT技術への無理解・自分への信頼のなさなどに悩まされています。正直、自分の障害になっている社員がみんないなくなれば楽しいのにね、と変な妄想をすることもしばしばです。

コメントを投稿する