オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

天晴れです!。サントリーのビーム現金買収

»

天晴れです!。サントリーのビーム現金買収。
インパクトは超でかい、と思います。いろんな意味で。

* サントリー、米大手ビーム社買収 1・7兆円、蒸留酒世界3位に (MSN産経)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140113/biz14011322270008-n1.htm

* サントリーが買収するBEAMって、どんな会社? |マーケットハック
http://markethack.net/archives/51907036.html
『同社はバーボン・ウイスキーのカテゴリーでは世界最大です。またウイスキーでは米国とドイツでNo.1です。』

ここんちはジム・ビームだけでなく、メーカーズ・マーク、クルボアジェ、カナディアンクラブ、サウザなどの銘柄も擁する超大手。オーナー佐治信忠さんにとっては「やってみなはれ」精神での、一世一代の大勝負ではないですか~。 しびれます。

一昨年のSBのスプリント・ネクステルの1.8兆円のときもインパクトがでかかったけど、あの時とは円の価値が違うしね・・・。この円安の時勢に、サントリーを文字通りの世界企業にすべくの大博打。これはあのJTによるギャラハー買収(2006年、2.2兆円)に匹敵する規模です。

思い起こせば、2009年7月の、このキリンとサントリーの世紀の合併が破談がありました・・・

* キリン+サントリー万歳。日本企業よ、アジアで戦おう
http://katou.jp/?eid=110

破談以降も、、佐治さんは遮二無二に買収を世界にかけていきました。
09年
11月    仏飲料大手オランジーナ・シュウェップス・グループを買収    約3000億円
11年    インドネシアのガルーダフードグループから飲料事業を買収     約100億円

13年
9月    英グラクソ・スミスクライン(GSK)の飲料事業を買収で合意     約2100億円

その間に、サントリー食品インターナショナルもいきなり東証一部にあげたりしてますからね。

で、、満を持して、今回の1兆7000億円!と、たいへんな成長への貪欲ぶりです。
今後の同社からますます目が離せません。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する