オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

「Fly Me to Minami 恋するミナミ」の前売り券の販売をはじめます。

»

不肖加藤が企画・製作総指揮を務める、邦画でも洋画でもない新アジア映画 『Fly Me to Minami 恋するミナミ』。プロジェクト開始からちょうど一年が経ちました。

そして12月14日からの関西4館(大阪九条;シネヌーボォ、大阪十三;第七藝術劇場、神戸;元町映画館、京都;立誠プロジェクト)の先行上映、そして東京では12月21日よりオーディトリウム渋谷からロードショーが決定いたしました!。
現在、日程を詰めている他の劇場(東京、横浜、名古屋…)は年明け以降の劇場公開となります。

本作のパブリシストも村井さんに決まりました。
プレスキットも再来週にはあがりそうですので、リム監督、主要キャスト、お望みであれば不肖加藤も、10月中旬以降の日程でメディア取材(東京・大阪)に調整できそうです。ただリムさんは大阪ベース、主要キャストも東京、香港、ソウル、僕もシンガポールにいるので、日程の候補が少ないです。取材のご要望あればぜひ早めにご打診ください。
メディア、ブロガー、アルファついったらーの皆さま、50枚単位で前売り券をご購入いただいた皆様などを対象とした試写は11月より東京で2回、大阪で3回程度開催の予定です。 ご連絡頂戴できれば、と存じます。

あわせて、これより「Fly Me to Minami 恋するミナミ」の前売り券の販売をはじめます。
で、ここで前売り券をぜひ皆さまにお買い求めいただきたい!、というお願いをさせてください。

50枚55000円、10枚12000円、にて提供させていただきます。
100枚は10.5万円、200枚は20万円といたします。ぜひ、ご検討ください。

領収証を配給元のダックビルエンターテイメントから個人宛、法人宛、随意ご要望に応じ出すことも可能です。実際の発送は10月中旬の予定です。なお当日券は1700円、前売り券は1300円発売されます。

お買い求めいただけるという方への特典、というか記念として、
本日より10月13日までの間に、50枚以上にてお申し出いただいたご希望の方を、本作品のエンドロールにて 法人・個人問わず、Special Thanksとして御紹介させていただきます。また11月に東京・大阪にて複数回開催する予定の試写会にお招きいたします。また複数枚のフライヤー(チラシ)、ポスターのご提供も可能です。

更に100枚以上ご購入いただいた法人個人の方の元に、ご要望があれば、加藤が「若者よ、アジアのウミガメとなれ」講演(60分)をご指定の場所(東京・大阪)まで出前講演に参ります。あわせてご検討くださいませぇ!。

皆さまからのお申し込みをたいへん楽しみにしています。加藤まで是非直接ご連絡くださいませ。 ykatou@Gメールです。

Fmtm_02

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する