オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

プレスリリース配信サービス@Pressのひみつ /未来予想の事業1

»

7月より、加藤が資本参加し役員に加わった未来予想の主要事業である@Pressは、プレスリリースの配信代行サービスです。今年、イー・マーキュリー(現mixi)が事業開始して以来、10周年を迎えました♪。

他にもプレスリリースの配信をやってる会社はありますが、大きく異なるのは

 

とにかくすごく記事になること。
他社受託案件もピックアップして追跡調査をしていますが、結果に群を抜いた差があります。改めて感心しています。

 何故なのか。こちらに細かく解説してますけど

● 配信を受託したリリースを闇雲に放り投げず、内容に応じて登録のある媒体(3500以上)のコンテンツに応じて、丁寧に配信している。 (@Pressからのリリースはスパム化していない

● 媒体社、記者各位のご希望に合わせたリリース配信方法を採っている。(マスメディアはまだまだFAXでのリリース流通が主流

● リリースの原稿はクライアントに書いていただくが、記者の特性を熟知したスタッフが原稿校正を行い、記事になりやすい原稿に調整している。

に尽きると思います。

 あわせて強力なのが、リリース掲載保証サービス
 @Pressでは上記の「記者が記事として取り上げやすい」サービスを提供しておりますが、それに加えて、各種Webメディアとの提携により、プレスリリースそのものの掲載が保証されるサービスも同時に行っています。

 

現在82媒体!とリリースそのまま掲載メディアの数は圧倒的です。
(こちらもプレスリリースの内容に応じて、メディアの特性に合わせた掲載先を選定し、読み手のメディアに期待する情報とのミスマッチを防いでいます)

リリースがそのままポータルやニュースサイトに掲載されることで、より幅広い読者に情報が届けられるようになり、さらにはSEO効果やリリース内リンクからのアクセス数アップも期待できるようになります。

広報活動で一番得たい「記事化」の最大化が図れ、さらにはWEBマーケティングの効果も同時に得ることができちゃうのです。
これには、筋金が入ってるはずの広告屋の加藤も流石に溜飲が下がりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一例を挙げさせてください。

こちら↓はお馴染み、加藤が全力投球中のsatisfaction guaranteed boutique & barの開店を告知するプレスリリースです。
Facebook国内No.1ファン数ファッションブランド satisfaction guaranteed、日本のファッションとお酒を融合した新業態ショップをシンガポールに開店

これが、全文そのまま、livedoorニュースや、asahi.comに掲載されています。
ね、これだけでも凄くないすか、実際。

satisfaction guaranteedでは同時に海外にも同一内容のプレスリリースを配信したので、海外の媒体にも、このようにリリースがそのまま掲載されています。
Men's Fashion Brand Satisfaction Guaranteed, Boasting More Than 120,000 Fans on Facebook Launches in Singapore

更に、なぜか誰かさんがリリースを中国語に訳してくれ(!?)そのまま中国のメディアにもご掲載いただいています。
在Facebook上擁有12多萬名粉絲*的日本男性時尚品牌Satisfaction Guaranteed在新加坡的新店開張

そして、こちらが実際のご取材いただいた記事
これは東南アジア最大の邦人向け経済ニュースメディアNNA.ASIAさんによる記事ですが、ニュースリリースがフックとなり、開店前のVIP向けパーティに取材にお越しいただき、記事にしていただきました。有り難や。

更にそのNNAの記事がそのままYAHOO!Japanのヘッドライン(海外)に採用され!!!掲載(現在は既に掲載終了)。空前の認知を得ることができました。

これが日経ネットマーケティングさんの記者様の目に留まったり、ダイヤモンドで  熊坂さんのインタビュー(日本の小さなアパレルブランドがFacebookで大成功した秘密)に繋がったりしたわけです。

もちろん、リリースの中身(ニュースそのもの)の価値が無ければ、どれだけ露出しても記事にも話題にもなりません。

しかしながらサービスや製品を世に送り出す企業が、その折に多くの方々にそれを知っていただく努力をしなくては、折角の価値ある事業が日の目を見ないことも、また現実にあるのです。

@Press、是非みなさまもご利用くださいませ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する