オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

2009年 3大ニュース

»

いよいよ年の瀬。
で今年も去年に引き続き、年末年始は大阪・東京で過ごしております!。
だって本当にシンガポール季節感ないんですよぅ。やっぱり年末年始は寒くないと、ねぇ。お正月はスノボー行っちきまーす。

さて、去年は晦日に「2008年 3大ニュース」というエントリをアゲましたけど・・今年は!まだ27日なのにやります。
まだ(12/27現在)CNETパネルディスカッションから「2009年のIT業界における3大ニュース」の御題が来てませんが、来たら同じ答えを入れますねww。

で、2009年の3大ニュース。
にしても今年はアジアに比べて日本だけが、余りにもたいしたことなかったですなぁ。世界経済を怒涛のごとく牽引している中・印・ASEANに比べてまったく存在感がなかった。(;´д`)トホホ…。ということで以下の3点を挙げさせていただきます。

1 アジアの急回復と日本ベンチャーの停滞
2 日本の政権交代
3 世界中でソーシャルメディアが大躍進

1に関して・・
世界が08年後半の金融危機の影響をモロにかぶり、もたついている中で
アジア(中国、インド、インドネシアを核とするASEAN諸国)が、21世紀の成長セクターとしていちはやく世界を力強く牽引した ことは、PanAsia PartnersPTE,LTD創業の前後以来、確信していたこととはいえ、、胸のすく思いでした。
そして自分の信じた道が正しいことを証明してくれたような気がしました。

一方で我が国 日本は、ある程度は覚悟していた小生の予想以上に停滞しやがりました。
先進国最悪の快復の遅さです。
僕が特に悲観しているのは、明日の日本を担う若いベンチャーが伸びていないこと。これは極めて大きな問題。
2008年が49社しか新規上場がなかったのにも大いに落胆しましたが、今年の新規IPOわずか19社!!!というのは、まさに壊滅的な状況と言えるのではないでしょうか。

19社というのは、第1次石油危機後の混乱期だった1978年以来の31年ぶりの低水準です。まさに上場市場自体が機能不全を起こしているレベルにあると思います。

あのベンチャーの大ムーブメントとなった06年からわずか3年で、IPO社数は10分の1近くに落ち込んでしまいました。(;´д`)トホホ…

2に関して・・
安倍政権以降の激烈駄目ぶりからして自民の下野は必然でした。
古賀誠氏による選挙直前の最後の起死回生プランだった東国原入閣&比例一位+舛添幹事長&橋下氏(首長グループ)の取り込みも最後の党内調整(安倍晋三氏、菅義偉氏も実現に尽力)で、森喜朗氏/大島理森氏に妨害され・・自爆。

後はご承知の通りのていたらく。更に自民は復活への糸口、河野太郎氏の立候補でも動けませんでした。このまま死んでいくこと、ほぼ確定と見ています。
それにしても亡国の民主政権はひど過ぎ&中身なすぎです。これがまだまだ・・当面続くことを考えると本当に日本が心配です。

3に関して・・
インターネットの凄まじさ、素晴らしさを改めて感じさせてくれたのが、ソーシャル(Facebook、twitter、Zinga・Rockyou等のソーシャルゲームメーカー)です。
あのGoogleすら、古く感じさせてしまうなんて。まだまだナニが起こってもオカシクない♪。ソーシャルの大躍進はそれを痛感させてくれました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国、インド、ASEAN・・・いよいよアジア(但し、日本除く)の大成長が顕在化する2010年は、多くの日本企業&日本の起業家&投資家にとって、歴史的なチャンスと成長の年になると確信しています。

日本の企業そして若き起業家の皆さま
来年こそは 成長を 市場の育成を 図るべく、直接アジアに進出いたしましょうぞ!。

僕は、2010年も引き続き、声高にこのことをお伝えしていきます。よろしくお願いいたします。

ところで、加藤個人の今年の三大ニュースは

1 なんといってもtwitterに、ハマる
2 香港iPhone 3GS購入し、ハマる
3 中川翔子&母桂子御一行来星で てんやわんや

かなぁ。
来年もいろいろありそうですが、健康第一で前向きに取り組んで行きますよっ!!
http://twitter.com/ykatou

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する