オルタナティブ・ブログ > 平凡でもフルーツでもなく、、、 >

感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

折角いい人材と巡り会えた今だから ~50歳からのMBAチャレンジ~

»

紆余曲折あったのですが、この春から産業能率大学の大学院で、また学生として学ばせていただくことになりました。

IMG_1839.JPG

平日2日と土曜で履修スケジュールを組んだところ、今年から必須化されたという授業外学習のアウトプットに必要とされる負担が大きく、既定単位のクリアにはかなりハードル高い2年間を過ごすことになりそうです。

大学編入を決めた時、お世話になっているチームスピリットさん(先週更なる増資を発表されていらっしゃいます)のここ数年での成長についていくには、大学での学びがなければ無理だったと思います。

そしてここ最近のCMパンチには非常に優秀な人たちが参画してくれているので、このマネジメントを遂行する役割の自分には、大学院でMBAについて学ぶことは必須だと考えています。

ビジネスは勉強したから成功するとは限らないという考えもあると思います。

これについては自分の場合、デビュー前のドリカムと知り合うタイミングと運をもっていたにも関わらずその成長スピードに着いていけず挫折した痛恨の思い出があります。

このような思いがあるだけに、学歴やこれまでの仕事でのコンプレックスを乗り越え、現在の自身の周辺で起きつつある急成長と変化について行くため最大限の努力をしなければという思いがあります。

自分は47歳で大学に編入し50歳で大学院に進学することを決断して行動に移しました。教室では自分と同年代はほとん居ない状況だったりするのですが、

経営戦略論などの科目を担当されている先生の経歴を伺ったところ、東京大学を卒業後日産に入社。カルロス・ゴーン体制への移行期に40代後半で退職し、一橋大学に入学され博士号を取ったという経歴をお聞きし言葉を失ってしまいました。

レベル高すぎでいきなり叩きのめされた感満載だった訳ですが、ほぼ同年齢の時期に新しい領域にチャレンジし結果を出されてた方とこうやって知り合うことが出来るのも、やはり行動に移したからこその結果だと思います。

新生CMパンチへのリストラクチャリングに取組みながら、経営者、クリエイター、大学院の3つの役割で適切な望まれるアウトプットを出し続けるには相当の覚悟と努力が必要そうですが、50歳からの出直しだと思って頑張りたいと思います。

P.S.
中学にドロップアウト。高校時代も一切勉強せずに楽器ばかりの毎日でした。ですが両親は非常に教育熱心で小学校1年~3年までは音楽教育も含め、かなり厳しく指導された経験があります。

その経験がこの年齢になっても活きていると実感すること多々ありますので、やはり小さい時期の勉強と習い事の経験を積んでおくことは一生無駄にならないと実感しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する