オルタナティブ・ブログ > Power to the People >

Yagishita's alternative blog

GoogleもAppleも好きなiPhoneユーザーから見たHT-03A

»

オルタナティブ・ブロガーって実はGoogle嫌いなんだという話に触発され,先日イベントに参加してHT-03Aを触ってきた感想を。

HT-03Aを触った第一印象はその形状で、もう既に実機を触っている方もいらっしゃるように、iPhoneより一回り小さく軽いその形状は、日本人の手のひらに収まるサイズにあります。動作も機敏であり、GmailをはじめとするGoogleサービス関連の対応も、iPhoneのそれと異なり、Googleの本気度を感じさせます。

ですが、iPhoneユーザーからみて、HT-03Aがそこそこの端末にしか見えない部分は「Android マーケットを中核としたアプリ開発・販売のエコシステムの整備不足」に原因があるかと思います。iPhoneをリリースする時には、iTunes Storeという環境がしっかりしていた点と、日本国内では無償のアプリしか利用できないというAndroid マーケットを比較してしまうと、見劣りしてしまう印象を持つのは否めません。この点では、DoCoMoのTV CMやパンプレットを見ると、Googleのサービスを全面に置くのもよくわかります。

別に、GoogleやAndroidが嫌いなわけではなく、端末、ネットワーク、アプリ、デベロッパーといったエコシステムの成熟度を見ると、Androidはこれからということです。事実、イベントでDoCoMoのご担当者も「発展途上であり、皆さんのご協力によって進化する。」という旨をおっしゃっていました。

iモードの爆発的なヒットは、単にCHTMLという技術を提供しただけでなく、小額課金の仕組みを提供できたことにあると思っているので、これからのDoCoMoさんの反撃に期待です。(でも、逆に通信事業車毎に課金の仕組みを持つようになると、つらいですね。)

PS.
わたしはGoogle Appeも使っていますし、自分のプログラムのコード管理はGoogle Codeでやっています。というわけで、両方好きなんですよ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する