オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

TESCOの新店舗

»

世界第3位の小売業であるイギリスのTESCO社が日本に進出しました。店舗を開設して撤退したカルフール、資本算入という形から苦戦を続けているウォルマートと、日本は魅力的な市場でありつつも、やはり参入が難しい市場でもあるようです。

人口動態、密度、価値観、商品選定基準、競合環境、流通・仕入れなど、どれをとっても世界に同じ場所は無いわけですが、これだけ苦戦が続くということは、その中でも日本はとりわけ充足すべき要素のバランスの取り方、実現方法が難しいのでしょう。

その一方で、コストコはそこそこ商売ができているようです。やはり、倉庫風、大ロット売り、廉価、という商売は購買周期は長いものの、消費者には特定の魅力を出せるものなのかも知れません。ふと思ったことは、倉庫風、規模をべつにすると「肉のハナマサ」に近い形態ですね。扱い商品は違いますけど。

さて、TESCOですがカルフールの失敗を見てか大型スーパーでなく、小型スーパーとして勝負するようです。確かに反面教師としての一面は活かしていますが、その一方で成功事例の影にたくさんの敗者がいる、小型多店舗チェーン。TESCOとしての色はどこにあるのか、一度練馬の店舗に行ってみる必要があると思います。東京近郊ではオオゼキなど、特色ある中小型店がひしめいていますので、それらとの差別化要素を確認してみたいと思っています。

外資の算入で、日本国内の企業も活性化することも期待できます。その一方でまた撤退して、日本は魅力の無い市場と映らないとよいなと思います

Comment(3)

コメント

koya

近所なので、昨晩行ってきました。レジが20人待ちと大盛況。品揃えは鶴亀+TESCOオリジナルが少々、といったところでしょうか。近所には西友以外の大型店舗がないだけに、重宝がられると思われます。電子マネー非対応、クレジットカード対応が間に合わなかったなど、詰めの甘さもあります。

ごぶさたしております、せのおです。
マーケの方から見て、シートゥネットワークの各店舗ブランドが既にあるTESCOが、一般家庭には馴染みがあるとは言えない海外ブランドであるTESCOを冠した店舗をオープンさせることになったところにどんな分析をされますか?
素人せのおは「あんま意味無いのでは・・・」とか単純に思ったり。。。
もしくは、とりあえずTESCOブランドの小さいのをオープンしていって、名前が売れたぐらいにカルフール・コストコ級のをどーんと出す作戦なんでしょうか?
(今も変わってなければ)比較的近くに物流センターがあるので、練馬に出店する意図はそれもあるのかな、とかは思ったりするんですが。

連休なので足を運ぼうかとも思いましたが、結局仕事でオフィスにきているので、行かずじまいです。トラックバックでも詳細なレポート(?)をいただいているので、何となく想像はできる店舗状態ですね。

>koyaさん
ありがとうございます、その後の変化やご近所様の評判などもお聞かせいただけると参考になります。
>せのおさん
こちらこそご無沙汰しております。
他社の失敗を見て、石橋を叩いて渡っている感はありますね。私の推測でも、やはり成功の糸口が見え、ブランドとして浸透したら、最終的にはどーんと出すことまでは、一応青写真には入っているのではと思います。

どちらにしても今後の展開が楽しみですね。

コメントを投稿する