オルタナティブ・ブログ > クラウド的な世界へ >

企業ITもクラウド的な世界に向かい始めた今日この頃を徒然に‥

クラウド時代になると変わること - 「クラウド」から

»

ITジャーナリストであり、オルタナ・ブロガーでもある小池さんの「クラウド」を読みました。すでにいろいろなオルタナ・ブロガーの方がコメントや書き込みされていますが、正直、実に面白い本でした。特にIT業界を歴史的視点でとらえていること、そしてプラットフォーム戦略とエコシステムの視点でクラウドをとらえて、GoogleとIntelの次世代での覇権を狙う姿にリアリティーを与えていると思いました。こういった視点を持つことがIT企業が戦略を立てるために重要なのでしょうね。

この本の中で印象に残ったところから一つ。クラウドについて講演することが増えた小池さんは、クラウドの「実感がわかない」という意見に対して、クラウド時代になると変わることとして以下の4つをあげています。

①クラウド時代になると社内からサーバーがなくなる
②従業員は必要なアプリケーションを自分で書くようになる
③ソフトウェアとコンテンツの区別がなくなる
④サービスにおいてパソコン・携帯電話・テレビの違いがなくなる

これを私なりに解釈してみました。①はクラウドで直接おこること、②と④はクラウドが今後提供していけるだろう価値、またはユーザーが求めているニーズでクラウドで実現できること、③は②がおきるための一つの技術的現象と言えるのではと思っています。

①の"社内サーバーがなくなる"はまさに一番表面に現れる端的な変化ですね。今、業界的に議論されているのはまさにこの点が一番多いわけですが、考えてみればエンドユーザーにとっての端的なメリットではなく、IT部門または企業全体の視点、またベンダー的観点ではあります。

②の"ユーザーがアプリを書くようになる"はいろいろ議論があるかもしれません。90年代のエンドユーザー・コンピューティングはEXCELやLotus Notesなどを筆頭に、ユーザーが自ら必要なビジネスプロセスやアナリシスを身近なITの道具で効率化や作り出すことで、企業の俊敏性や変化への対応能力をつけていったのだと思います。ところがその後の内部統制や全体最適の流れは、それらを抑える方向で進んでいったように思えます。

ただ、マーケットの変化は以前にも増して、より速く、そして多様化しているわけですから、エンドユーザー・コンピューティングのニーズはいっそうの高まりを見せているのではと私は思っています。それに答えられるのは、全体がある程度、管理やコントロールされた中での自由度をもつプラットフォーム。最近のSaaSやPaaSは、全体は同じ管理の下での単一のプラットフォームながら、高度なカストマイゼーションを重視し、またエンドユーザーが使える開発環境を広く提供する方向に向かっていると思います。そうなると、まさに"ユーザーがアプリを書くようになる"、そしてそういった簡易的な開発環境は、コンテンツを変えているようでソフトウェアを作っている、という③の技術の現象を引き起こしていくのではないかと思います。

③の"多様なクライアントへのサービスの提供"は、一部のSaaSがすでに始めているように、クラウドが出しやすい付加価値とも言える部分でしょう。変化の激しい新しいモバイルなどのクライアント。今後も多様化はしばらく進むように思えますが、この変化に、クラウドでなく企業のIT部門がベンダーのソフトを導入するにしても、自前のシステムで対応するのはかなりつらいことになりそうです。

クラウドのもたらす変化として、これからも度々考えていきたい4つのテーマだと思いました。

Comment(2)

コメント

クラウドとエンドユーザーコンピューティングというのは素敵なカップルですね。
ユーザーという立場からは、より「なにをしたいか」にフォーカスできる時代、ということでしょうか。
サービス提供者という立場からは、日本でのLotus Notesがなぜ海外ほど競合に打ち負かされなかったのかを振り返ると何かビジネスのヒントが見つかるのかもしれません。

T関

斉藤さん、どうも。日本でLotus Notesがうけた理由の一つがEUC(End User Computing)だったかと思います。日本の企業が、カイゼンなどに代表される、ボトムアップで仕事の仕組みを変えていく、ということころにはまったように思えます。Notesは開発環境をだんだんユーザーに与えにくくしていきましたが、SaaS/PaaSでユーザーに開発環境を一様に与えると、、、これでクラウドの日本普及シナリオができるかもですね。

コメントを投稿する