オルタナティブ・ブログ > 小池良次の米国情報通信ブログ >

米国の通信業界を主体に、最新ITトレンドを追う

On Vox: 23日、僕の本「クラウド」が発売になります

»

僕の書いたハードカバー本 「クラウド」が2009年2月23日に発売になります。

前回(第二世代B2B)から8年ぶりの単行本です。

そもそもこの本を書こうと思ったのは、グーグルの検索技術に関する賛美本が世にあふれていたからです。そういったたぐいの本を見るたびに──それはグーグルの姿の片面でしかない──と感じ、そこから....「検索ビジネスに触れないグーグルの本を書いてみよう」という考えにとりつかれました。それはクラウド・ビジネスの解説です。

この本はグーグルの幹部に正面からインタビューはしていません。もし正式なインタビュー(たとえば「御社のクラウド戦略を教えてください」と言った質問)をすれば、上場企業ですから建前の回答が帰ってきます。それでも聞いた話は書かなければなりません。そんな建前の話をこの本には入れたくありませんでした。

ですからグーグルの周辺を歩き回り、外堀を埋めるようにして取材しました。また、セールスフォースのような会社も追っかけました。大昔のゼネラル・マジックなどにも触れました。コンピュータ業界からクラウドを見るだけでなく、通信業界からの視点を常に入れました。そういう意味では、一種の思考実験的なアプローチが基本と言えます。

本書の後半は、グーグルの話ではなく、グーグルが主役の一人になるであろうクラウド・ビジネス時代(2015年の姿)を解説することに主題がありました。

そして、ニューヨークからシリコンバレーに移り住んで10年目になり、そろそろシリコンバレーの話を書いてもいいかな?と思った事も本を書く理由のひとつです。アメリカの中でも異質なシリコンバレーの雰囲気をできるだけ盛り込んで見たつもりです。

もちろん、クラウドと言うタイトルが示すとおりクラウド・コンピューティングの話でもありますが、コンピュータ業界だけの話に終わらせないようにしました。つまり、クラウド・コンピューティングを超えたもっと広い視野を目指しました。成功しているかどうかはわかりませんが、通信業界や家電業界、サービス業界、そして一般企業の経営者や実務者にも読んでいただけるように書いてみたつもりです。

面白い本ですから、皆さん是非読んでみてください。

詳しい目次などはここを見てください。

小池良次(www.ryojikoike.com)

Originally posted on ryojikoike.vox.com

Comment(14)

コメント

小池さん、ご無沙汰しています。
本の完成、おめでとうございます。

やはり、クラウドですか。読み応えありそうですね。拝読させていただきます。(少し時間がかかるかもしれませんが)

今後ともよろしくお願いします。

小池様
『ビジネス2.0』の視点というブログを書いている林と申します。
http://blogs.itmedia.co.jp/business20/
始めてのコメントで恐縮しております。
私も同時期になるかと思いますが、
「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命
というタイトルの本を僭越ながら上梓させていただきました。
おそらく、書店の同じようなところに並ばせていただくのではないかと思われます。
同じクラウドでも内容自体はかぶらないような気がしており、クラウド関連の書籍が書店に並ぶことで、ユーザのクラウドへの意識が高まるのではないかと期待しているところです。
将来、お目にかかる機会もあるかもしれませんが、その際はどうぞよろしくお願い申し上げます。

R Koike

Hayashiさん

ご連絡ありがとうございます。
クラウド系の本がどんどん出版されますね。
おっしゃるとおり、Hayashiさんの著書と小生のものは視点がだいぶ違うような気がします。

今後ともよろしくお願いします。

R Koike

NewTamaさん

コメントありがとうございます。
僕の本は技術解説じゃなく、トレンド分析ですから一晩か二晩で読めます。
ぜひご感想をお待ちしています。

小池様
25日に書店にて、小池様の著書を確認いたしました。
丸善と紀伊国屋と三省堂に寄ってみましたが、すべて横になって並んでおりました。大きな「クラウド」という文字が2冊並ぶと非常にインパクトがあるように感じました。
大変光栄です。
早速購入をさせていただきました。グローバルな視点でクラウドを捉えており、大変勉強させていただくことが多かったです。また感想等はブログに書かせていただきたいと考えております。
よろしくお願いします。

R Koike

Hayashi-san

買って頂いたそうで、どうもありがとうございます。
グローバルな視点なんて──そんな偉そうな本じゃありませんよ。

林さんも同様かと思いますが、日頃、新聞などに記事だけを書いていると、自分自身の「感想」というか「思い」というものが、澱(おり)のように貯まってゆきます。それを今回は単行本にして洗い流させてもらいました。グーグルという面白い会社のおかげですね。

今後ともよろしくお願いします。

小池

小池さん、始めまして。
6年前に一度お会いする約束をしましたが病気のためお会いできませんでした。KKさん主催のJET会の今年の新年会でお会いできるかと思っていましたがお会いできませんでしたね。今「クラウド」を読み始めたところですが、28ページに「腹に落ちない」と言う表現がありますが「腑に落ちない」の間違いではないでしょうか?つまらないコメントですいません。

R Koike

泉谷さん

ご指摘ありがとうございます。
誤りと言えば誤りなんですが、わざと...といえます。

その箇所は校正者とも確か議論をした箇所かと思います。その前後の部分は「くだけた感じ」を出したかったので「腑に落ちない」という文語的な言い回しをやめて、「腹に落ちない」という俗語的な言葉遣いをつかったつもりです。

本書では誤植というか「てにおは」の間違いは2~3箇所ありますが、決定的な誤植は、本の最後の方に1箇所あります。修正のしわすれです。

また、機会があればお会いしたいですね。

そうですか、「腹に落ちない」という言い方は初めて聞いたものですから。先ほど読み終わりました。私もセールスフォースに認定コンサル資格を取得して、導入コンサルティングのビジネスをしており、GoogleAppsも3月末から開始されるオンラインリセーラー制度に手をあげるつもりで、SaaSやクラウドは理解しているつもりでしたが、随所で目から鱗でした。Googleは本当に何をやろうとしているのか訳のわからない状態でしたが小池さんのおかげで戦略が見えてきました。ただ、Googleは本質的にB2Cの企業体質で、B2BのGoogle Apps Premier Editionを売る体質には程遠いですね。

泉谷さん

ズバリ!
素晴らしいコメントありがとうございます。

僕も、グーグルはB2Bに弱いと感じていたところです。ブラウザー「クローム」の戦略にも、それが滲み出ているようです。

アマゾンあたりにこの書評を書いていただけると、読者の皆さんに役立ちそうですね。苦笑。

はじめまして。オルタナブロガーをしております。
砂金@マイクロソフトでございます。
シリコンバレーおよび通信視点での洞察は
刺激を受けました。レドモンドにいく機会が
ありましたらAzureおよびLive Meshまわり
の人間も、取材してやってくださいませ。
今後ともよろしくお願いします。

北田

小池様
 はじめまして。(社)電子情報技術産業協会の北田と申します。
 貴殿の新著『クラウド』を買い、読んでおります。
 小職は、インダストリ・システム部に所属しております。業務用(産業用)電子機器の担当です。
ただ、所属している部には、サーバーやソフトウェアなどの委員会がございますが、その担当ではございません。
 昨年までは、情報端末の委員会を担当していあました。
 今後も、これらの端末機器がネットワーク等にてつながっていくのでしょうね。
 読んで色々と勉強になります。
 よろしくお願い致します。

いさご さん


こちらこそ、初めまして。
感想ありがとうございます。


砂金さんがブログに感想を書かれているとおり、小生のクラウドではアンドロイドに多くの部分を割きました。ですが、アンドロイド賛美ではありません。また、製品の比較をしているわけではないので、ご容赦ください。


機会があれば、AzureやLive Meshも取材したいと思っています。以前、Live Meshの発表(確かサンフランシスコでしたよね)に行かせて貰い、あまりに面白いプロダクトだったので、色々と質問させていただいた事を思い出します。


今後ともよろしくお願いします。


小池

R Koike

北田さま


初めまして。


クラウドは情報通信業界を俯瞰する視点で書きました。個別の状況などについては小生のホームページ(www.ryojikoike.com)などをご参考にしていただければ幸いです。また、同ホームページの読者交流欄を使って質問をして頂くこともできます。よろしくお願いします。


小池

コメントを投稿する