オルタナティブ・ブログ > The Grouchy Bug >

米国東海岸発、とあるソフトウェア開発者のよもやま話

Lotusphere 2010に行ってきました (その3)

»

IBM Lotusの一年に一度のビッグイベント、Lotusphere 2010でのことを、いろいろ書いてます。
以前の記事はこちら:
Lotusphere 2010に行ってきました (その1)
Lotusphere 2010に行ってきました (その2)


3日目 - 1月19日
午後1時に前日と同じ内容でセッションを行いました。今回はホールの定員の1/2から3/4の入りといったところ。混み具合は予測できないです... この日のセッションは、かなりトラブルもありましたがなんとか終わらせることができました。セッションの後、ビュッフェで昼食。セッションを見たという人から声をかけられ、OpenGLのデモ良かったよと言われほっとしました。

午後2時から4時まではまた、Meet the Developers Labに参加していました。4時半にLotusphere Idolを見ようとしましたが、すでに終了。残念。

夜はホテルヨットクラブリゾートで、Engineering Partyに参加、いろんなチームの人とグラスを片手に話をしました。

そのまま、チームの仲間とスワンのとなりのJellyrollsというライブハウスへ。みんな立ってパフォーマンスを聴いていました。ピアノ2台によるライブでプレーヤーがたまにかわっていくというスタイル。80年代のポップスで、みんなノリノリ。
その後、そのまま、ドルフィンに戻って、誰かの部屋へ(何人も人がいて、本当に誰の部屋か結局わかりませんでした)行ってしばらく話をしてました。何時に引き上げたのかわかりません。。。

Meet the Developers Lab
Meet the Developers Labの入り口。

Meet the Developer's Lab
Meet the Developers Labの中は、こんな感じです。

Jellyrolls
夜中にチームの仲間と行ったJellyrollsでのライブはノリノリでした。


4日目 - 1月20日
午前9時から午後1時まで、Meet the Developers Labでした。そして夕方は、Lotusphere 2010 Partyでした。今年の、Lotusphere 2010 Partyは、Disney's Hollywood Studioで行われました。
その後は、そのままホテルへ帰って来て、ドルフィンへ行って、ドルフィンのバーで、チームメイト&その他の人たちで飲んでました。

Lotusphere 2010 Party
Disney's Hollywood Studio - 野外にビュッフェがありました。バックの建物はすべて作り物。この遊園地の一部です。

Lotusphere 2010 Party
Disney's Hollywood Studio - アトラクションの前ではたくさんの人がいました。これみんなLotusphereに来た人なんです。


5日目 - 1月21日
最終日です。午前中1時間ほどMeet the Developers Labに参加、ユーザーやベンダーの方々とのお話。そのあとは、Ask the developersのセッションを見ました。(私は今回パネルには参加せず、最前列あたりで見ていました)その後、CGS (Closing General Session)を見に行きました。
CGSの最初15分程度見て、バスの出発の時間。そのまま空港へ。夜7時にオーランドーを発ち、夜の10時すぎボストン到着。


CGSでの、DJ Steve Porterのパフォーマンス
CGSでの、DJ Steve Porterのパフォーマンス。

すでにYouTubeにこの時の使われた曲がアップロードされていました。


ということで、Lotusphere 2010は終了しました
OGS以外、他のセッションはほとんど見る時間がありませんでした。。。
Lotusphereは非常にエネルギッシュで、終わった後の週末は体中筋肉痛でした。笑) 私の行ったセッションや、Meet the Developers Labを通してユーザーやベンダーの方々と直に話をすることができました。また私としては、普段話す機会のないLotusの他のいろんなチームの人たちとも話す良い機会でした。いくつかの目標、やらなくちゃいけないことやアイディアなどが具体的に見えてきたのが、大収穫でした。

Lotusphereに来てくださった方々、おつかれさまでした!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する